新着Pick
309Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
本稿は自力で超富裕層になった人たちを対象にしているように思えます。
経験上、自力で財を築いた人たちは総じて堅実だという印象を持っています。
2代目、3代目あたりが金遣いが荒いような。
(真偽不明のエピソード)
ある一流ホテルにロックフェラー1世が宿泊することになり部屋をとりました。
ロックフェラー1世と聞いたホテル支配人がすぐに挨拶して言いました。
「当ホテルにようこそ。お部屋を最高級に変更いたしましょうか?ご子息はいつも最高級にお泊まりいただいております」
ロックフェラー1世の返答は次の通りでした。
「彼はお金持ちの父親を持っているからね。私はそうじゃないので部屋を変更する必要はないよ」
外食しないとか嘘くさい
こんなに簡単にパターン化できないとは思うが、「世の中甘くない」と厳しく考えているから、お金を失わずに世代を超えても富裕層で居続けられるというのは、ある程度真実だと思う。
どっちでもいいから。経済回すために是非、適度で構わないから良いものに散財してください!
超富裕層は金融資産5億円以上とされる。日本では5.4万世帯。年利3%以上で運用すれば年収入1500万以上を労働以外から稼ぐことができ、運用収入が一般的な高額所得を超える。

https://abraham-wealth.co.jp/meaning/index.html

金融資産1億円以上は100万世帯。オーナー経営者、医者など仕事が多忙な人が多い。
プロテスタントは労働を尊いものとして打ち込みその成果として金持ちになる。日本は前世の行いや周囲との縁で金持ちになったと考える。初代の行動はそれほど変わらないけどお金持ちの二世は変わってくる。プロテスタントはよりお金を回すこと増やすことに努力する。日本は選民思想が爆発して成金趣味に染まる。
あまりに当たり前すぎて全く役に立たない
バフェットのクオーターパウンダーは外食?
時価総額
3,251 億円

業績