新着Pick
56Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはビッグウェーブになるな
日本でスタートアップへの投資がバブルだと言われているけれど、中国のスタートアップへの投資熱と比べるとまだまだと感じる。デモもチームもないようなスタートアップが数億円集めてたりする。
中国語が話せないことが悔やまれる。
ベンチャーへの投資額ベースではおそらく中国向けと日本向けでは100倍ぐらい違うはず。特に統計を取りにくい中国で正確な数字を出すのは難しいですが、エンジェル投資も相当中国では多いので、かなりアメリカのシリコンバレーに近づいている。
・マザーマーケットが大きくかつ成長しており
・人材が豊富で(アメリカからも帰ってくる)
・結果としてお金が集まる
▶︎ベンチャーが育つ
私はいろんなところで言ってますが、5年後には中国にシリコンバレーができると思ってます。
Alibabaは、日本の高度経済成長期におけるソニーとかと同じような存在だろうか?ハングリーで、少し失敗しても慣性があるから修正が効くフェーズで、グローバルに展開できる産業に人財がどんどん集まっていく効果は強い。あとは、情報統制とのバランスをどうするのかが、これだけ人々の情報感度が強くなる中で、中国という国を考えたときに気になるところ。
起業するために必要な環境は日本も中国も変わらないんだけどな。
中国の起業家は、香港やNY市場に上場を視野。IT含め、総じて若手が多く、中国のホリエモン、ジョブスという枕言葉をときどき聞きます。出る杭を打たず?!起業の成功率(ここでは上場を指す?)が限られているのは世界共通なので、創業の総量が増えれば当然数も増えますね!個人的には上場だけが成功ではないと思うが、起業の総量を増やすことに日本は本気になるかなー。