新着Pick
953Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ならなくていいでしょ
給与は、本来、市場の需給で決まるべき。社内価値が高くとも、市場価値を上げる努力をしておくべき。
今回はソニー、パナソニック、日立などが続々行っている、給料体系の「役割給」一本化について、またそれに伴い進む管理職ポストの減少について書きました
故森嶋通夫氏がご著書で次のようなことを書かれていました。
日本の年功序列・年齢序列は一定の年齢(例えば35歳)を境にして”搾取される側”から”搾取する側”に転換するシステムだ。若いうちは貢献よりも給与が安いが年配になると貢献よりも給与が高くなる。中途で退職することは搾取し返す機会を放棄することだ(何十年も前に読んだので正確性は保障できません)。
ところで、今の新入社員や若い社員の給与は高いのでしょうか?
貢献度が高いのに40代のオッサンよりも給与が低いのであれば、将来的に搾取し返えす機会をもらわなければ不公平ですよね。
課長になれなくてもいいから相応の給与が欲しい。さもなくば、搾取されっぱなしでやってらんわい!という気持ちになるのではないでしょうか?
個人的には、ラインのポストは景況や会社の業績に大きく左右されるもので一概に判断できるものではないと思っています。
インパクトの強い言葉を一人歩きさせて若者の気持ちを萎えさせるようなことには・・・疑問を感じます。
つまりまともな時代になる、ということか。
管理する側が2割以上いる組織の方が異常
ホワイトカラー淘汰の時代が、日本でも本格的に始まった感があります。過酷ではありますが、今までがぬるすぎたとも言えます。本当に日本企業に余裕がなくなってきたんでしょうね。
管理する人が無駄に増えても仕方ないからね。
むしろスペシャリティの高い人がもっと評価されても良いと思う。
(ついでに、会社に頼らずに生きていくにはその方が有利)
このタイトルがセンセーショナルに響くこと自体、従来の日本の雇用慣行の歪みを反映している。役職はあくまで役割であって、長いこと在籍した人に対する功労賞じゃないんだから。当たり前の話だと思いますけどね。
若年時に搾取される側だった人達が抵抗を感じるのは心情的には理解できますが、身も蓋もない言い方をすれば、それは年功序列がシステムとして持続する方に賭けて、思い通りにいかなかったということでしょう。
「同一労働・同一賃金」が触れられていますが、日本における雇用の最大の歪みは正規と非正規という差別的な仕組みでしょう。この壁がいつ崩れるか。「非正規社員を正社員にする」ではなく、「正規と非正規の区別をなくす」がいつから本格的に議論されるか。日本中の勤め人が抵抗勢力になりかねませんが。
年齢による生産性と賃金については、冨山さんの書いたこのグラフがすっきりくる
http://shuchi.php.co.jp/article/1030?p=1
この記事で重要なのは「管理職」か否かというよりも、年功的に賃金を上げていくか。賃金を上げるには名目が必要なので特に管理してなくても「管理職」と言っていた、という側面が大きい。こういう記事に対して、若い世代は「管理職多すぎ」「年寄りは退出せよ」と言うと思うが、年をとってからは自分に跳ね返ってくる議論で、これまで働きに応じた給与をもらえてなかったのに、その分回収できないのは不公平だ!となる方が自然な反応と思う。官僚さんの天下りとかも同じ議論ですかね。
なので、グラフでいう「働きすぎ」世代の実力給化(賃上げ)と、管理職でなくてもスキルで評価される人事体系がセットでないと単なる企業のコストカット策になるし、それは結果として人が集まらないという形で企業に跳ね返ってくるように思います
確かに、僕も課長になったことないなあ
この連載について
「ワークスタイル」に関するこの一週間の読むべきニュースをピックアップ。コメントとともにお届けします。

業績