新着Pick
107Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
過去に、複数の日銀出身エコノミストの方々が2015年に経常赤字になるとおっしゃっていたことを思い出す。円安、原油安、インバウンド効果で当面経常黒字は拡大傾向が続こう。
日本は貿易収支だけでなく経常収支も必ず赤字になると主張していたエコノミスト達はどこに行ったのかな?資本調達ができずに日本は破綻するという論理だったが、その論理の方が完全に破綻してるみたいね。日本の貿易収支がまた黒字化したら、赤字に転落した時に大騒ぎしてたメディアは同じレベルの報道をするのだろうか
旅行収支も黒字定着、伸びも続いていますしね。ただ、エネルギー価格が再び上昇したら、また赤字かもしれませんが、実はいまの赤字はエネルギーだけでなく、構造的なものになりつつあります。例えば、携帯、PCをみても輸入に依存していたり
こういうのって、円の減価効果を除いたApple to appleの比較するには、ドル建てで比較したほうが正しい気がする。企業収益が改善している企業の多くが、別に戦略変更や構造改革のたまものではなく単に円安の追い風に乗ってるだけだったりするため (円安が一服した今年、来季の企業収益の伸びは急にストップし、それが明らかになる前に失望売りが始まる。ただGPIFと日銀がどんな業績でも買ってくれるという、国全体がスペシャルシチュエーション・アセットになってる気もするが・・・
黒字がいいのか赤字がいいのか。一国経済主義の時代は終了したということでしょうね。
記事読むよりChiwawaさんのコメント読んだ方がいい!