新着Pick
91Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
後期高齢者医療制度の副作用の一つです。
資産や収入を斟酌することなく”後期高齢者”という年齢だけで医療費の特権を与えるというのはとんでもない制度です。
後期高齢者の多くは、現役世代よりも金融資産や現物資産をたくさん保有しており年金もしっかり受給しています。
この上、現役世代に貢がせて医療費での特権を付与する必要はまったくありません。
困窮している人たちは年齢に関係なく補助すればいいのですから。
医療費の特権を持っているからモラルハザードが起こり病院ホッピングをする。
その結果が山積みの残薬です。
もったいないからといって、無理に薬を飲む必要はないと思います。日本では医師から処方されたら、薬を買って飲むのが当たり前になっています。必須でない薬の購入の判断が患者側でできると経済的に患者も助かるのですが。
私もそうです。病院で処方されると気が弱いものですから薬はいりませんと言いにくいのです。
平均的な人に期待される合理的行動が困難な人が対象になると、制度そのものが破綻し不効率になる典型。経済的問題だけなら、一旦本人100%負担とし、薬の包紙などその薬を飲んだことを示すものを提出することと交換で本来の本人負担との差額を返金するなどを考えてみてはどうか。