新着Pick
360Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
宅配便の配送コスト低減と利用者利便性向上を両立させようという取り組み。
佐川は配送拠点が少なく再配達のコストが高いのがネックだった(日経によると配送拠点はヤマト4000カ所、佐川700カ所)ので、これはよいアイディア。
ただコンビニ商品を届ける際無料というのは採算が合わないように思う。(ネット利用者が少ないであろう)高齢者への御用聞きともあるが、労働集約的であることは間違いない。人出不足などといっていたが、去年開始した宅配パート(宅配メイト)がよほどうまくいっているのだろうか。
↓ 日経でも報道あり。気になったことは2点。
① 新会社は、ローソンが51%、SGホールディングスが49%を出資
② 業界2位同士の連合であること

仮にセブンとヤマトが組んでくるとして、それに勝てるだろうか…と感じてしまいました。

日経記事pick
https://m.newspicks.com/news/909509/
いいね。高齢化社会には必須のサービス
地方のスーパーがやりたかったであろう領域を先に取りにいった印象。
高齢者をどう囲っていけるかが地方店の生き残りを左右すると思うので、面白いと思う。
ローソンは近くのコンビニまでも行くのがしんどい高齢者をターゲットとし、セブンは働く女性を取りこむことに注力している。
単身世帯や共働き世帯の増加で、昼間配達しても留守宅が多い、自宅に来られるのは嫌という層向けに、セブンは最寄り店でのピックアップを強化している(とくに書籍)。ローソンの戦略としては、セブンとかぶらない層を狙う、「健康」をキーワードにした店舗展開との親和性を強めるということなのだろう。
昨日は楽天・郵便局の提携によるサービスが発表されたばかりだが、新たにローソンと佐川急便の提携によるサービスの開始。駅や郵便局を拠点にしたサービスも便利だが、件数が多いコンビニでの受け取りが一番便利だと思う。今後、セブンやファミマ、ヤマトやアマゾンの動きに期待したい。
なんで動脈ばっかりなのかな。ネットスーパーと渡り合うの大変そうなのに。クリーニングやゴミなどの静脈狙いが流行ると思うんだよなぁ。月5000円で毎日無分別(個人情報もだだ漏れ)でゴミ捨て放題で回収しにきてくれるモデルだったら契約するかも。ゴミ箱は新規開発しなくても北米のキャンプで熊を寄せ付けないように使われる密閉のキャニスター使えばよさそう。
良い試み。ドライバーへの負荷や宅配車両の「違法」停車、商品破損・誤配送などの対応など気になることは多いが。ところで、合弁会社の必要性(無くても可能)や51:49に割った意味(ローソンが主に責任を負う?)はなんだろう?
利用料金等がわからないので何とも言えませんが、十分な採算がとれるビジネスモデルに育てられるかが課題のような気がします。
コンビニでの買い物の金額はそれほど高くないので、単発・少額の買い物だとペイしないでしょう。
アマゾンの定期便のようなものを柱に据えるのでしょうか?
いずれにしても、今後の動きが興味深いです。
高齢化社会がわるいことばかりでもないのは、このようなサービスがほかの国に先駆けて便利になる。コンビニだけでも夜7時にはほぼすべて店が閉まっているフランスとかの生活に比べるとミラクルな便利さなのに、おまけに家まで届けてくれるんかい、と。そのうち家から一歩もでることなく生活する人が増えていきそう。
SGホールディングス株式会社(エスジーホールディングス、英語: SG Holdings Co.,Ltd.)は、京都府京都市南区に本社を置く、佐川急便グループの純粋持株会社。 ウィキペディア
株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
6,108 億円

業績