新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソニーがオリンパスの株を半分売却(10%保有→5%保有)。財務基盤強化と成長投資の資金確保が目的、業務提携や医療合弁を通じた協力関係は維持(下記リリース)。
元々、オリンパスが不正会計後に自己資本比率が一桁%にある際に、多くの候補がある中でソニーが競り勝ち、約500億円出資(現在の株価だと約1500億円と3倍になっている)。ソニー・オリンパス・メディカル・ソリューションズを設立し、内視鏡での4K技術や3D機能の提供などを目指してた(2020年に売上700億目指していた)。
ただ、元々オリンパスが出資候補を選ぶ中で、経営権に拘ったという報道がある。業務提携でどれだけ効果がでたのか、今後出るのか分からないが、ソニーとしては資金が欲しく、オリンパスとしては大株主は欲しくないというのが本音で、それの決着がついたというところではないだろうか。ソニーは中期計画で成長領域としてはデバイス、ゲーム、映画、音楽を上げている。特に資金を必要とするのはデバイス(スマホカメラなどでも使われているCMOS中心)だと思う。
なお売却は4/1なので、2015年3月期決算ではなく、2016年3月期の第1四半期に計上。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/IR/news/20150401_02J.pdf
多くの人はソニーの規模が大きいので、オリンパスよりも交渉力があると思っているかもしれないが、実ビジネスでいえば、ソニーは内視鏡のデバイスを納入する一部品メーカーに過ぎない。オリンパスからすれば、ごたごたに乗じてデバイスメーカーがセットメーカーに乗り込んできたわけだから、それほど快く思っていなかったのではないだろうか。
パッと見ると、あの局面で出資して、オリンパスさんは助かり、ソニーさんは金融的リターンは得られたけどビジネス的シナジーは得られなかったのね、と見てしまいますがソニー内部の人の方のコメントによればむしろ、協業に目処がついたことが、資本提携解消の後押しになったのでは、という見方をしていて納得
芸能人なみのスピード離婚。君子は豹変すべきだが、もともと業務提携や協業に資本出資は必須ではないということに気がついたなら上々。「名刺代わり」の低比率・少額出資という悪弊はもうやめたら?
またもや本業以外で稼ぐソニー。まぁ売って利益確定するのもいいんだけどね。過去15年でソニー一番成功した案件はM3に投資したこと。少しづつ売却しているがまだ莫大な含み益が残っている。
こりゃあラッキーだったね
マイノリティシェア出資というのは、経営権を取れない中で、出資分に応じた口出しをしていくという権利。とは言っても議決権的には不十分なので、白を黒にするパワーも無い。まあ、オリンパスと提携するための税金みたいなものだったんですかね。
イメージ、日系企業・・・自動車や商社に多い投資の方法ですが、欧米ではポピュラーな印象は無い。

業績

業績

オリンパス株式会社(英語: Olympus Corporation)は、日本の光学機器・電子機器メーカーである。本社は東京都新宿区西新宿に所在。 ウィキペディア
時価総額
2.73 兆円

業績