新着Pick
42Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
値上げの理由に人件費の高騰も入って欲しい。
4月からの食料品の値上げをCPI上で計算すると、家計の負担は月200円ほど増加することになる。しかし、実際1月に値上げされたはずの食用油のCPIはむしろ下がっている。今回も負担増はある程度小売がかぶるのだろう。
原発の関係でエネルギー価格下落が、一般家庭があまねく恩恵を受ける電気料金低下に結びつかないのが辛いですね。
賃上げも一部に止まっていることを考えると全体の購買力が低下するのでしょうか?
値上げしない(もしくは値下げされる)品目を公表してくれると助かります!
小麦、大豆やとうもろこしなどの相場は昨年は下落トレンドとなっている。コーヒーなど一部製品を除くと、原材料価格そのものの高騰より円安による輸入物価上昇の影響の方が大きいかも。理由はどうあれ「悪いインフレ」であることに変わりはない。
乳製品の値上げについては、2013年の猛暑や離農による生乳生産減による部分が大きい。国内事情で需給がタイトになったための値上がりだが、こういうのはボディブローのように家計に響く。家計消費にどう影響するかが気がかりでもある。
消費税があがってあれだけ消費意欲が下がったことを考えると、みんながかう食品の値上げは意外と影響でるかもな。
日銀短観で大企業小売り業の改善が著しかった。訪日外国人需要云々もあるだろうけど、価格転嫁できる地合いということなのかも。中小企業のコ類は、厳しさが更にましてるのを見ると、価格転嫁できるのは一部だけというのがうかがえる。私の実家も心配…
食料自給率が低いのだから円安効果で値上がりは必然でしょう。それで経済がよくなるのであれば我慢できます。
しかたありませんね。どれも本来日本にはなかったものです。