新着Pick
237Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Johnson & Johnsonと組むのは興味深いし、大きいだろう。協力するのは外科手術の画像処理で、これはかなり重要な部分。内視鏡で有名なオリンパスの強みの一つは、そこでハード・ソフト融合して、腫瘍などを見つけやすいという部分にもある(リンク参照)。
Ethiconは、HP見る限り縫合や硬性内視鏡中心に見える。内視鏡はオリンパス・富士フイルム・HOYA(旧ペンタックス)と日本勢が圧倒的に強い軟性内視鏡と、あまり強くない硬性内視鏡に分けられる。硬性内視鏡はその名の通り曲がらない。腹部などに穴をあけてそこから内視鏡を入れて手術を行う(腹腔鏡下手術)。
http://bit.ly/1F88j0s
色々なM&AをしているJ&Jは分社分権経営でも有名(あくまで他社との相対比較だけど)。なので国ごとカンパニーごとにカラーが異なる。中でもエチコンは保守本流というか、『我々がJ&J』という雰囲気。この提携はこれ以上ない強者連合というか文句のない組み合わせ。
懸念としてはアメリカの陸上選手のリレーのように強者連合ゆえのチームワークに対する慢心でしょうか。期待してます。
ネット上の巨人から、自動車、ドローンといったリアルな世界に進出していたグーグル。
私たちの想像を超えるようなビジネスの融合が進んでいる。
AERAではワーキングマザーを対象としたワークショップをグーグルと開いている。
グーグルは日本の大きな社会問題として女性の問題をあげ、Womanwillというプロジェクトを進めている。彼らにとって社会課題を技術を使って解決するという意味では、日本のワーキングマザーの抱える問題を解決するのも先端医療の問題も使命感としては同じ線上にあるのがすごいと思う。
エチコン来たー!就活生の頃、自宅マンションのお隣に住むパパ友がJ&Jの営業マネージャーだった関係で、J&Jのことはめちゃくちゃ詳しく教えてもらい、中でもエチコンとダヴィンチの凄さには胸を高鳴らせていたのを覚えてます。Googleとの提携で、さらに次の次元に進みそう。めちゃくちゃ楽しみです。
おもしろい。でも2年前なら「機械」とか「装置」と呼んでいたものを今は「ロボット」と称しているのも多い。ある仕事の一部の工程だけ自動化するのなら飛行機もロボット操縦だし回転寿司も給仕ロボットだ
なんでもやれて羨ましい
メディカルきた。みんな最後はメディカル目指す
IBMの「ワトソン君」に対抗して、Googleが「ジョンソン君」を作ったのかと思ったら違った。GoogleとJ&Jの組み合わせには期待できそう。
まだグーグルが手を付けていない分野はどこだ?
まぁやって味噌。そろそろなんかモノにしないとね。金を湯水のごとく使ってるだけであまり結果が出ていない
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア
ジョンソン・エンド・ジョンソン(英語: Johnson & Johnson)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューブランズウィックに本社を置く、製薬、医療機器その他のヘルスケア関連製品を取り扱う多国籍企業である。ニューヨーク証券取引所上場企業(ニューヨーク証券取引所: JNJ)。 ウィキペディア
時価総額
41.7 兆円

業績