新着Pick
195Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
学生時代に聞いた話だが、「中国人は相手との距離を同心円状に描いており、お土産はその”距離”を表現・確認する手段。Aさんからもらったお土産をBさんとCさんが互いに比較して距離を確認することさえある」とのこと。
なお、上海オフィスのメンバーも「中国は量から質の時代に入った」と常に言っている。今は日本ブランド=高品質 のイメージだけでいけるかもしれないが、中国国内でも高品質路線の商品と担保システムが確立されれば、「日本産」の価値も目減りする。
個人的には品質だけでなくスタイリッシュなイメージをつけてほしい・・・日本人には難しそうだが。
ビシネスチャンス!
Made in Chinaでも、一度日本で流通したものなら中国でも売れると聞いたことがあります。日本の審査基準を通ったなら問題ないだろうという理屈。
未だに中国人観光客の消費スタイルについては、日本では誤解も多いところ。日本の店員さん向けに、「中国観光客 完全ガイドブック」のようなタイトルで、地域別、世代別の傾向も含めたコンパクトな解説本を創ったら、かなり売れしそうな気がします。
「爆買」という表面で見えることの背景を知れて勉強になった。例えば出張予算については初めて知った。それが人との関係性につながるという点では、日本の「おすそ分け」に近い部分もあろう。一方で、習近平主席になってから、賄賂というか贈与への監視が激しくなっている。また日本でも、昔に比べてお土産物文化は減ってきていると思う。海外旅行でも、昔は日本人買い物客は「お金は落としてくれるが、マナーは…」というのの代表例だった。時代と共に変化していく過渡期であるとも思う。
日本製品に対する信頼が大きいというのは有難い話ですが、であるならば製品に対する不信は大きな需要を失うということを意味します。
製品に対する信頼性の強化や高付加価値化など、中国人の消費行動には日本企業の生き残りのヒントが隠されていそうです。
日本国内特有の品物を買う「お土産」としての消費以外に、円安や免税効果を背景にした「買い物」としての消費もあると思います。中国大陸内で評価が高いブランドを、日本で安く買う、というイメージです。
例えばロレックスだと、今ならば大陸よりも日本の方が2割位安いです。そのため、日本に旅行に来る中国人の皆さんは、大抵友人からこういったロレックス的なものを買ってくるようにお願いされたりしています(ちなみに、この2~3年間でロレックスの日本国内売上高は1.5倍弱に成長しています。)。その場合は友人たちがお金を払うので、日本でイメージする「お土産」とは随分イメージが異なります。
ふわっとしてた中国の方の消費行動も、中国目線だと中国以上により日本が見えてきますね。
日本人が海外旅行に行き始めた頃は、西洋人が驚いた程お土産をかいました。議員は、海外から手紙を選挙民に書き、大量の土産を準備したものです。
あとは普通に友達や家族に対して「海外旅行いってきたよ!」って自慢したい気持ちが強いと思う。実際ウェイシンのタイムラインはそんな中国人の投稿ばかり。近しい友達や家族にどれだけ誇れるか?これが大事。中国人従業員のマネジメントにも応用できる。