今日のオリジナル番組


詳細を確認
東大史上最高の天才が挑む「生命の謎」【岡田康志】
本日配信
31Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「政府閉鎖が1週間続くごとに0.2%ポイント低下」 (@@。
政府閉鎖は一斉に起こるものでなく、図書館・国立公園といったところを皮切りに影響が順次広がる構図です。マッカーシー氏の下院議長選出に抵抗して解任要件を緩めさせることに成功した一握りの共和党保守強硬派がどこで降りるかが鍵を握るわけですが、難儀なことではありますね。統計の不備と政府閉鎖の景気下押し効果を懸念してFRBが利上げを見送る可能性は確かに高そうに感じます。政府機関を閉鎖に追い込むなどして支持基盤へのアピールを果たした共和党保守強硬派が早めに降りてくれるよう念じるほかありません (・・;ウーン
人気 Picker
政府機関の閉鎖は1つの問題にすぎません。
自動車スト、学生ローン返済再開、原油高
この4つがそろうとダメージが大きくなる可能性がありますが。依然、ソフトランディングシナリオ派が多いです。
政府閉鎖となれば、利上げしなくても米長期金利上がって自動的に引き締め効果高まるという側面もあるでしょう。
年内のFOMCは11月の後、12月13日~14日にもあるのですが、政府機関閉鎖の影響がそこまで及ぶことが本当にあるのでしょうか。
今年の追加利上げは、たとえあったとしても0.25%です。ブルムバーグの記者の方々には「来年中の利下げが一度もないリスク」のほうに焦点をあててほしかったですね。ゼントナー氏は、早期利下げ見通しを強く主張していますので。
はっきり言って関係ないと思います
今に始まったことでもないですし
時価総額
11.7 兆円

業績

時価総額
19.1 兆円

業績