新着Pick
213Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
古賀氏とともに古館氏も降板するのが良いのでは?そもそもこの報道ステーションは、以前から問題が多すぎる。早い段階で、番組終了を。100の行動6の1をご参照のこと。

「新聞はある程度、主張が偏っていても良いと思う。だが、「公共の電波」を扱うテレビの場合は別である。テレビの持つ影響力は絶大である。その公共の電波を扱う「責任」と「自覚」を持ち、事実に基づいた「公正」な姿勢を貫くことが何よりも重要である」。

メディアに望むこと 100の行動6 1.マスメディアとしての責任・自覚を持ち、公正な報道を貫け!
http://100koudou.com/?p=30
本気で政府批判しているメディアが滅びつつある中、いささか幼稚で大人げないやりとりでも、最後に彼が述べていた古館さんにおくる”マハトマガンジーの言葉”はよかった。”あなたのやることの大半は無意味だが、声を上げ続けるのは世界を変えるためではなく、自分が世界に変えられてしまうのを防ぐためだ” 

政権の太鼓持ちばかりがメディアに出る中、”自主規制”だらけの報道よりよっぽど重要な話。報道機関への政治的圧力を知らない、気づかないほど?な人ってどういうメディアリテラシーしてるのかという気がするが、驚くのは報道の自由や思想信条の自由より、権力者にコントロールされるのを望む、知的マゾヒストが多いこと。なかでも最悪なのがそんな権力者側にすり寄って、”疑似権力者的な自分”に陶酔している方々。

”メディアの責任・自覚・公平性”とか定義不明なことをいいながら、あたりさわりのないどうでもいいことだけ報道し、尻尾を振って権力者に同調するのが”大人げある、見識のある人”なのだろうか。であれば”幼稚で空気を読まない人”のほうがよっぽど報道と一般市民のためになる。

メディアは大衆と政権双方に距離を持たなければならないが、日本のメディアはその両方におもねている、とある人が言ってたが、まさにそのとおり。
この番組は、今や「古舘ステーション」。彼がお山の大将になって、スタッフの言うことを聞かないらしい。久米宏の最後もそうだった。キャスターを替えたほうがいいと思う。
官僚の世界が悪いとは思いませんが、この古賀氏の行動を見ると、組織の中でやっていけないのも分かる気がして、なんだかなー、と感じました。
行った先行った先で喧嘩別れ。官僚とも橋下さんとも、テレ朝とも。
放射脳は滅びてほしい
古賀さんはよほど、あちこちから叩かれていたのか、憔悴していた。二人のやりとりは、とても幼稚に見えた。古館さんもそろそろ引き時では?
番組を見ていた訳ではないが、古賀氏の行動には賛同できない。今の時代、様々なSNSが普及したが、やっぱり地上波放送のTVには一定の影響力がある。今回の件で、古賀氏は他のTV番組にも呼ばれなくなるだろう。つまり、自らTVでの発言機会を放棄したことになる。古賀氏の主張はよく理解できるし、元経産省官僚という肩書を使って色々な活躍ができたと思うと、今回の件は大人げないと思う。
反骨精神は必要だが、与えられた機会を上手に使っていくのも戦略だ。幼稚な感じがする。
昨日、久しぶりに報道ステーション見てたらこのやりとりになってかなりびっくりした。ワイドショー的には面白かったけど、報道番組としては最悪だった。
これすごいどうでもいい話だと感じてるのですが。