新着Pick

アンジェリカの結婚観が炎上大バッシング招いた某重大発言

J-CASTニュース
   モデルでタレントの道端アンジェリカさん(29)がバラエティー番組で、週に1度はベビーシッターに預けてデートしたい、夫の年収は5000万円欲しい、などと独自の結婚観を語ったところ、批判が寄せられ、炎上してしまった。
349Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
なんで批判されるのかよーわからん。我慢してる自分を正当化したいだけだろ。
欲望に正直だな。人間の要素を分解していくと動機付けの源泉は3つぐらいしかなく、個人差はほとんど無い。叩かれる側も叩く側も同じメカニズムで動いてる。
夫に求める年収うんぬんのくだりがあるけれど。小倉千加子さんは『結婚の条件』の中で、男女の結婚について「顔(カオ)と金(カネ)の交換」と言い切っていた。
問題なのは、結婚当時、例えば、20代で釣り合っていた女性の美貌と男性の収入は、それ以降の時を経て、女性の美貌は衰え、男性の収入は増えて、40代では必ず不均衡になるところとのこと。したがって、40代の男性にはその時点で自分の妻より条件のよい女性を選択できるものの、40代の女性にはそういった選択肢はなく、バーゲニングパワーにおいて女性は不利になるとの趣旨。
結婚は女性にとって不利な交換であるっていうフェミニスト的な主張を背景にしていると思うし、いくらでも反論の余地はあると思うけど、それでも端的で分かりやすく、一抹の真実を表しているようにも思う。
この記事を読んで、思い出しました。
デートしようよ派。両親仲良さそうなのだって子供の幸せのひとつ。ってか、男性陣も傍観じゃなく、デートに誘いましょう~(* ̄∇ ̄)ノ
同じ願望自体は誰しもが持ってるのでは?
問題は彼女ならホントにその願望がかないそうな事。要は嫉妬だ
年収の件はさておき、毎週は多いと思うけど、ベビーシッター雇ってデートするぐらい別にいいんでないの。うちは昼間行ってる保育園の先生にシッターとして来てもらったから、娘達は大興奮で、むしろもっと出掛けてもいいよと言われたぐらい。
考えは変わるもの
単なる炎上マーケティング。
全くもって問題ないと思う。
批判は妬みにしか聞こえないですね。
そもそも結婚観なんて自由な訳で、他の人がどうこういう問題じゃない。

個人の経験談でいうと、
幼い頃から両親(特に母親からは)
「あなたたちを生むために父親と結婚した訳ではないし、最も大切なのは父親」
と事有るごとに聞かされてきた土壌で育ったため、そうあるべきと思っている。
(家族関係はすこぶる良好です。)
三歳児神話のある日本の土壌だと、さもありなん、という印象。
関連記事一覧
「週1で子供をベビーシッターに預けて夫とデート」道端アンジェリカ発言に賛否
THE HUFFINGTON POST JAPAN
272Picks
ツイてる人は何が違う?「幸運」を科学で解明
ライフハッカー[日本版]
204Picks
即日予約が可能なソーシャルシッティング「キッズライン」が日本に広めるベビーシッター文化
THE BRIDGE
94Picks
「笑っていいとも!」に安倍晋三首相が出演「バラエティー見てます」
THE HUFFINGTON POST JAPAN
84Picks
トヨタの成功、ソニーの失敗、そしてアップルとグーグルの躍進。企業の成功と失敗の背景には「タレント」を生かす人材戦略があった!『『タレント」の時代』著者・酒井崇男氏インタビュー
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
8Picks
「価値観の共有」困難な時代-グローバル社会に求められる"大人の関係":研究員の眼
THE HUFFINGTON POST JAPAN
6Picks
「言わないとわからないの?」「言ってくれなきゃわかんないよ」
THE HUFFINGTON POST JAPAN
5Picks
アンジェリカ「おカネない人、性格悪い」その時、ネットの反応は
J-CASTニュース
4Picks
「ネットでベビーシッターを探すなんて、親が無責任すぎる」という人に伝えたいこと - Hayato Ikeda
BLOGOS - 最新記事
4Picks
「年収」と「手取り」の違いは?転職活動前に知っておくべき"正しいお金に関する知識"
Fashionsnap.com 最新記事
3Picks