新着Pick

住友商:16年ぶり赤字転落、今期850億円の損失-2度目の下方修正 - Bloomberg

www.bloomberg.co.jp
住友商事 は25日、今期(2015年3月期)の連結純損益(国際会計基準)を850億円の赤字に下方修正すると発表した。従来予想は100億円の黒字だった。
97Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
2度目下方修正だけど、発表後はむしろ上昇加速。理由は、来年度は大幅増益を予想=今期で全部膿はだしまっせというコンセンサスを既にとってたからかと。株価は企業価値への期待。そして情報開示タイミングがいかに重要かという例かなと。
住商は単に資源価格が下がったから帳簿上の評価損を出しているだけ。
まるで商社の業績が悪化したような記事タイトルは読者をミスリードしている。

資源のような「長期保有前提」のビジネスでは、
資源価格の下落による単年度の会計上の評価損・減損を
云々いってもあまり意味はない。

長期保有を決め込んでいる配当株の株価が
今日たまたま下がっているからといって、
その配当株を処分しないのと同じ。

住商は、来年は2300億円の会計上の黒字になる。
住商の2月資料(投資持分損益一覧表)は必読。いかにプラス部分が少ないか(ほとんどの案件が数十億単位。35投資案件中、百億超え3つのみ)。そして、いかにマイナス部分がやばいか(マイナスは200億円、300億円、1750億円)。
この段階(2月)より悪くなったという本日の開示には驚き。膿を出し切ったのか?加えてどうしても配当したいのか?

http://www.sumitomocorp.co.jp/files/topics/28294_ext_02_0.pdf
CFOの大失態だね。そもそも住商はリスク量の想定が甘過ぎる。減給じゃなくて普通はクビだろう。
商社って一昔前の流通仲介から投資会社に変貌したが、なかでも資源関連の投資で財閥系は大儲けしてビジネスに占める比率が上がった。PLで稼ぐ構造ではなくバランスシートで資源リスクをたっぷりとる構造に変わってるので、直近の資源安を考えれば下方修正も当然。ただ株価に関しては機関投資家は下方修正の発表を見越しているので、発表のタイミングでショートカバーをかけて株価は上がる。(上方修正の当日に株価が大きく下がることが多いのと同じ構造)
減損計上によるあく抜け、来期の黒字化予想への期待で株価は上昇と。
ただ期待値は高くても今回の減損計上が従来予想よりも大きく乖離したマイナスでしたから、あまり手放しで喜んではいられないというところではないでしょうか。
どのバスに乗るかはとても重要。しかし銀行まで集約したのに、商社と化学は集約が完了していないのが不思議な気がする。
【経済】資源エネルギー価格の低迷によって減損が発生しているとも言えそう。他の総合商社も資源エネルギー関連分野で影響を受けているのではないか?それぞれの総合商社のポートフォリオをしっかりと見直す必要がありそう。
住友商事株式会社(すみともしょうじ、英語: Sumitomo Corporation)は、住友グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
1.92 兆円

業績