新着Pick

News Picksをどう変えよう | ゆきの's Ownd

yukino.amebaownd.com
昨日、「NewsPicksをこう変えろ”Picker ピッチコンテスト”」へ参加しました。
114Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
女性比は低いと思うが現状で特に不満なし

経済系キュレーションサービスの特徴からして、女性が少ないのは自然。
1. 経済等が仕事に影響する総合職従事者の男女割合は9:1
2. NewsPicksは比較的高学歴者が多い印象だが、例えば東大の男女比は8:2

発言小町やpouchのような女性向けの記事で溢れたら「感情の共有」になってしまい「知識の共有」て僕の主目的は薄まる。

加えて、コメントは「量より質」の世界なので、たとえ女性少なくても価値の高いコメントをしていればプレゼンスは保てる。逆もまた然り
NPで女性が少ないのは、ここの感覚にワクワクしたり月会費払ってまでコメントしたり(しつこい?w)、朝っぱらから新しいガジェットや経済記事に鼻血吹きかねないほど興奮するようなひとは、たぶん世間が期待する女性枠からはアウトだからではないでしょうかと流血しながら言ってみる。
本当に女性がそれほどまでに少いのでしょうか。コメントを読んでいても女性が少ないとあまり気になったことはありません。今回のイベントへは参加したいと思う女性が少なかった、もしくは平日夜は女性にとって参加しづらい時間帯だからではないでしょうか。

個人的には女性pikerを増やそうと女性が好みそうな話題が増えるのはうれしくないです。それは日常顔を合わす女子と会話できるからです。むしろ経済や歴史、政治、テクノロジー、スポーツについて意見を言い合うのは女子トークにはなりません。それが女性pikerがNPに求めているものだと思います。

女性管理職の比率を上げようと試行錯誤している日本のようになる必要はないと思います。あくまでも経済紙としての魅力を追求して頂きたいです。
NPの女性比率が低いのは、経済学部や経営学部の女性比率が高くないのと似ている問題かもしれません。経済学部の男女比はよくて7:3、中には9:1のところもあります。経済などの分野に感心を持つ女性は珍しくはないですが、まだまだ少数派なのは否定しがたいのが現実です。私は「経済に特化したキュレーション」に吸い込まれましたが、多くの女性には敬遠されやすいキャッチだったかもしれません。
女性よりネコが多いってのは不思議。
あくまでテレビコンテンツにおける経験と少々の統計からですが、経済、歴史、未来、宇宙、テクノロジー、偏狭、国際問題あたりのネタは、どうやっても多くの女性には見てもらえません。買い物、激安、美容、ダイエット、スイーツ、ゴシップ、私生活覗き見、今日、リゾート、近隣トラブルあたりのネタが女性には好まれます。もちろん見せ方や堀り方が下手だと見てもらえませんが。言わずもがな上記は一般的な認識になっていると思いますが、仕事で向き合うと、その顕著さたるや想像以上です。
「経済ニュース」という観点で、日経新聞の読者は男性65.7%女性34.3%。ただ電子版については男性82%女性18%。NP女性ユーザは10%程度とのこと。NPはROMとしての参加ももちろん可能ではあるけれど、基本的にコメントの発信という期待があることを考えると、よりハードルが高くなる。
そう考えると、10%程度というのも納得感のある数字かもね。
個人的には女性ユーザがいた方が楽しいよね、という本音はあるものの、無理して増やすというものでもなく、その辺りは自然の成り行きでも良いかなぁ、なんて思ってます。
<参考>
https://adweb.nikkei.co.jp/paper/data/pdf/nikkeimediadata.pdf
女性比率が低いのであえてNP参加してる節もある私。女性ばかりだと思考が固まるので、私にとっては刺激になってます。
女性比率無理して上げる必要はないだろう
おお!数少ない「社内Picker」のゆきの氏がブログ書いてる。しかもAmeba Ownedで。ブログ開設第一弾がNewsPicksの記事とは。
イベント当日も「NewsPicksって女性が入りにくいですか?」との問いを振られて「そんなことないです!」と答えていた通り、『経済・ビジネスに興味がある女性にとっては』そんなことないのだと思う。そもそも経済・ビジネスに興味を持つ人の男女比の問題なのだろうか。この辺りは推測ではなく、ぜひ一度リサーチかけてほしいな。NewsPicks編集部さん。