新着Pick
155Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
このAIIB(アジアインフラ投資銀行)は、中国がおそらく、全体の資本金の3割くらい出します。最初は4割、5割と考えていたと思いますが、いろんな国が参加するので、計算をしてみると、中国はよくて3割ぐらいかなと。

中国が焦ってこんなことをやっている理由は、世銀も、IMF(国際通貨基金)もアジア開発銀行もすべて先進国が牛耳っているからです。特にアジアにはインフラをまだまだ作らないといけないので、そこに投資が集中する。そんな銀行が必要でないかというわけです。

これに対し、日本とかアメリカの言い分はその運営の透明性が担保されてないということ。しかし、IMFや世銀もそんなに透明性が担保されているわけではない。

なぜ中国がこれをやりたいかというと、これは中国の経済スローダウンと崩壊と関係があります。中国は巨大な街で鉄道や橋を造り、コンクリートからアスファルトから鉄鋼からなにからなにまで造っています。結果、それはスローダウンしてきました。

この巨大な建設マシーンをアジアの他のとこに持っていかないといけない。なぜなら、中国自身の建設が止まってしまうと、中国の巨大な企業(国際企業など)が、へったってしまうからです。

だからこれをやるわけです。日本がそこへ出ていっても鉄鋼は当然中国のものですし、なかなか主導権が取れない。だから、嫌だったら、一つはここに参加するというやり方がある。しかし、中国のやり方をみると、自分のところを優先し、次に最初にここに入ると言ったイギリス、フランス、ドイツ、イタリアあたりを優先する。そうすると、日本はいじわるしてたから、あまり優先しないとなる。

アジア開銀で同じようなインフラをつくって、同じように競えば、それで終わり。だからこれは日本はジョインするかファイトするか決めないといけない。しかし今、だんだんと入ったほうがいいんじゃないとなっている。しかしこうふらふらしているのはみっともないです。

私はやるなら中国に次ぐ資本を入れて、積極的にナンバー2を目指すくらいの気持ちでやるべきだと思います。それか、主導権が取れないのが悔しかったらアジア開銀で似たようなことをやればいいかもしれません。これもひとつの方法です。
日米政府だけでなく、世銀やアジア開銀など開発金融機関も反省を求められる部分があると思います。「援助してあげる」式の「上から目線」は無かりしか。「融資相手国は我々のカスタマーである」意識はありしか。AIIBの前途は決して平坦ではないけれど、先達の両行も「高みの見物」している場合ではない。→競争は善をもたらす側面が、ここでもあると思う。
AIIB設立は歴史の流れを見ると本当に妥当。戦後米国が圧倒的な経済力で国際的な金融システムを作り、アジアではそれがアジア開発銀行(ADB)に。米国と日本が最大出資者のADBの歴代総裁は全員日本人。資金提供額で発言力も決まってくる今。アジアでのリーダーが変わりつつある、と。まぁこのままいけば日本も米国もAIIBにジョインせざるを得なくなってくるだろう。
欧州がAIIBに入った=中国に景気回復を助けてほしいという思惑があるようですね。また、中国企業にとっては、ASEANに更にでるきっかけになるし、中国経済には+だろうけど。日米VS中国の通貨覇権争い勃発かな!?
米国がこちらに積極参加をするとなると、日米主導の機関の価値がだいぶ薄らぐな。
ただ、個人的には日本の立場はどうであれ、アジアの発展に最も日本が寄与できる形を模索してほしいし、それが日本のプレゼンス向上に繋がると思う。
ADBは、日本人がトップを務める数少ない国際機関ですが、米国まで AIIBに参加すると、ADBの地位低下が甚大ですね。
G7の連携が崩れ、アメリカが戦略転換となって日本もついていくとなるとなんと情けないんだという話になる。自国の考えをしっかり持って世界のイニシアチブを取れるような政治を期待したい。
アメリカ合衆国は「参加」では無く「共同出資」を打診したようである。あくまでモニタリングのポジションか。
日本も「加盟国を代表する理事会が個別案件の審査、承認を行うこと」と「債務の持続可能性や環境、社会に対する影響への配慮」という条件が整っていないとして、慎重な姿勢を崩していない。

融資を受ける開発途上国からしてみればどうか。基準が厳格な国際機関からの融資よりも、若干利率が高くても審査基準が緩い中国(AIIB)からの融資を好むかもしれない。
ADB以外にAIIBやNDBも設立されるのは投融資を受けるアジア諸国としては良い話ですね。

AIIBは中国が自国有利に不透明な運営を行うリスクなど指摘もありますが、これまで一部の先進国のみで主導していた世銀・IMF・ADBもそれほどクリーンな運営であったのか正直疑問です。特にIMFは経済植民地化の先鋒と揶揄されていた記憶があります。

アジア市場における世界強豪各国の覇権争いは益々激しくなりそうで興味津々です。
参加国が増え過ぎると運営は難しくなるだろうな。なので日本も参加したほうがいい。