35Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本日は、一段と円安が加速。為替介入のポイントは「急速な円安」かどうか。ゆっくりとじわじわとした円安では介入できない。加速する円安。150円に向かうなかで、口先介入と実際の介入など何らかのアクションが増えてきそうな水準感です。
米国は9月入り社債発行増えて(引きづられて)直近で米国債利回りも上昇基調です=ドル高はマクロ経済だけではなく債券市場の需給要因も。
~148円くらいから上は投資家も意識してそうですが果たして
足元のドル高円安は、ドル高と円安の両面があると思います。
ドル高の背景には、中国やユーロ圏の経済指標が良くなかったため、相対的に景気が底堅いドルが買われやすかったことがあります。
一方の円安要因としては、サウジとロシアが原油の自主減産延長が打ち出されたため、原油輸入国である日本の貿易赤字拡大観測を通じて円安圧力がかかりやすい構図となっています。
こうしたファンダメンタルズ的な要因が背景にあることからすれば、口先介入による円安抑制効果は限定的と言えるでしょう。
昨年9月22日、ドル円が145.90円に達した日に為替介入がありました。これまで、介入が見送られている背景に、①為替市場の激しさを表すボラティリティが高まっていないこと(即ち、ゆっくりとした円安進行)、②交易条件が改善していることが挙げられます(交易条件とは輸出物価指数を輸入物価指数で割ったもの。貿易のしやすさ、稼ぎやすさを表します)。加えて、③円安がインバウンドの呼び水にもなっており、円安悪玉論も後退しています。しかし、足もとで国際的な原油市況が再び騰勢を強めており、年末に向けて一段と輸入インフレが加速する見込みです。実質賃金の前年割れも続く中、インフレ抑制の観点から為替介入実施の可能性は非常に高まりつつあると考えられます。とは言え、足もとではドル高地合いが強まりつつあります。円安抑止効果には疑問符も伴います。
先週末の米国雇用統計の弱い数字を受けていったん円高に行きかけたのが、原油高などを背景に円安に振れていることを踏まえてのご発言でしょうか。FRB金融政策の先行き見通しをめぐり米国の金融為替市場参加者の思惑が、ちょっとしたことで右往左往するのは困ったものです。
財務省内で記者団に語った内容だそう。為替相場の現状の動きについて「高い緊張感をもって注視している」。
情報通信機器・産業機器等の完成品や内蔵電子回路基板、インサーキットテスタ、RFID関連製品、万引き防止装置等を製造販売。ソフトウェア受託開発やOA機器・一般家電製品・太陽光発電システムの販売も手掛ける。中国、タイ、ベトナムに海外拠点。

業績