新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

89Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
インバウンド観光にはuberは欠かせない。リテラシーの高い富裕層は特に
Uber社長インタビュー後半です。髙橋社長がUberに入った理由、そしてこれからの展望は。見え来たのは2020年でした。
これだけ世界で広まっていくと、日本でもちゃんとインフラが整うと観光のために良い、というのは確かにその通り
レストラン予約もそうだが「電話しなくてはいけない」というのは相当なハードル
また、タクシーでは行き先を説明できるか、説明しても運転手が分かってくれるか、というのは自分が異国を旅するときを考えれば結構な不安要素で、そこがストレスフリーになることは大きい
運転手に英語を覚えさせよう、という取り組みよりは100倍早い気がしますね
「“Disruption”という言葉が日本で訳される際、「破壊」と訳されることに、違和感を覚える。」というのは全くもって同感。破壊は結果であって目的ではない。
配達代行サービスのUberRUSHに弁当配達サービスのUberFRESHなど、Uberプラットフォームが生み出せる価値は無限にある。めちゃくちゃワクワクするな。
2020年がマイルストーンになるという話には納得。2020年を待たずとも、外国人観光客の間では、圧倒的な人気を獲得できそう。
日本のタクシーは「ガジェット祭り」。アプリのほうがよほど簡単という言葉に納得。
このインタビューを読むとやはりUberはすごく魅力的なサービスだと思う。規制の壁は厚いかもしれないが、そこを乗り越えて普及して欲しいと強く感じる。
これを読んでウーバーが日本で何をしようとしているのか、やっとイメージできた。今までのプロセスはともかく、ワクワクする可能性も感じる
uberというのは、シェアエコノミーの一環というのが、このインタビューや他の回から、よく分かりますね。
人間、グイグイ攻めてる時は楽しいですよね。攻められる世界を求めて転職するのは、キャリアを考える際の重要な観点と感じました。
Uber(ウーバー)とは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア

業績