【本田圭佑】本田が語るグローバル教育「ずっと俺は変人扱いされてきた」

2015/3/20
本田圭佑はサッカー選手としてACミランと日本代表でプレーする傍ら、サッカースクールを経営する「経営者」としての顔がある。2014年11月、その経営論を直撃取材で伝えたところ、大きな反響があった(本田圭佑「俺にとってサッカーは人生のウォーミングアップだ」)。今回は直撃取材第2弾として、本田が取り組む「グローバル教育」について話を聞いた。
シドニー空港で直撃取材
2015年3月19日、日本代表のハリルホジッチ新監督が、3月下旬に向けた親善試合にメンバーを発表した。
もちろん、その中に本田圭佑の名があった。
今、ACミランではチームの不振を救うことができず、思うような活躍を見せられていない。2015年に入ってからゴールも決めていない。だが、どんなに逆風にさらされても、高い目標は失っていないだろう。
約2カ月前──。
アジアカップ準々決勝で日本がUAEにPK戦で敗れた翌日、Numberの取材のために、シドニー国際空港で本田を直撃した(詳しくはNumber 871号)。
搭乗ゲート近くのビジネスラウンジの手前にさしかかり、アジアカップについての質問を終えたときだった。「ずっと訊きたいことがあった」と切り出すと、スーツ姿の本田がエスカレーターの前で足を止めた。
「グローバル教育について訊かせてほしい」
本田は経営するサッカースクール『ソルティーロ』において、グローバルな人材を育てるための「Honda’ Philosophical Education」というプロジェクトを立ち上げた。その計画はサッカーの枠にとどまらず、ビジネスパーソンや政治家の輩出も目標に掲げている。
なぜ本田はサッカーを教えるだけでなく、グローバル教育をも意識しているのか?
「1問だけ、ね」
そう切り出すと、本田は引いていたスーツケースから手を離し、自らの体験を語り始めた。