新着Pick
389Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
YouTuberが支持される理由と、Viceが若者の注目を集める理由は非常によく似ている。それは極々パーソナル=主観であり、それゆえ等身大である点。「主観への共感」で人が動く時代へ。
"Viceのニュース映像は、既存メディアのような組織だった取材ではなく、一人の若いジャーナリストによるパーソナルな問題意識とパーソナルな会話が特徴である"
Viceのやっていることは、進化というより、原点回帰。メディア業界が大きくなって、細分化が進みすぎたことの反動ですね。個人技が、テクノロジーの発展でより発揮しやくすなっています。いよいよメディア界のJリーグが開幕しそうです。
おもろかった。そもそも報道なんて客観的たりえず、日本の報道は政府からも怒られず、視聴者からも怒られず、だれも怒らないあたりさわりのない報道姿勢を”客観的報道”という美名のもとでとってるから、つまらなさに磨きがかかっている(中には一部、感心するくらい面白いのもあるが、それはたいてい動物虐待をとめよ、とか誰も反発する人がいないようなトピック。)ただViceのような取材アプローチは、大手企業から広告もらっている番組では危険でできないだろう(いつ記者が事故で死ぬかわからない)。

この点ニュースピックスはまだ小さいので、比較的自由に既存の枠を超えた取材ができるはず。坂本さん、グーグルグラスはめてシリアくらいいってきたらどうや? なおエミー章のように、優秀な報道プログラムを選ぶ権威ある賞って、日本でなりたつだろうか。なりたつわけない気がするのは、報道の自由度ランキングがどんどん落ちて行っていることと無関係ではない。
当たり前のことを前例踏襲しないでやってるだけやん。
一人の若きジャーナリスト視点というのはこれからのジャーナリズムを表してるとも言える。個人の時代の象徴なのか。
テレビでブロードキャストするには、最大公約数的な視点から報道せざるを得なくて、それが大して最大公約数に見えないというのが今のメディアの問題。
いくつもの視点から報道しようと思ったら、その数だけチャンネルを用意しなければならなくて、それは地上波には向かない。
自分の視点に近いメディアがあったら、そこに近づくのは自然な流れ。
そう考えたとき、地上波で流すべき情報とはなんなのか。。。こういうネットメディアには、もはや勝てない気がする。
記事を通して、Viceには既存メディアて薄れつつあると感じているジャーナリズムが強くあると思った。若いジャーナリストによるパーソナルな問題意識からスタートする。とても魅力的。少し後藤健二さんを思い出した。
まだ日本のVICEは翻訳記事中心。オリジナルの取材が進んだらもっと見る。今もオバマ大統領直撃などあるが、日本では考えられない。ガンガンジャーナリズムの常識を破壊して再定義してほしい
若いか若くないかってことより、ジャーナリズムの単位を個人にしたことに支持があるのだと思います。あとはマス化させるには信用の担保をどう構築していくか。
これは面白い。米国のビデオジャーナリズムの世界にも、ボトムアップの変化の波が来てるんですね。日本だとニコニコニュースあたりが近いのかな。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア