新着Pick
161Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
Uberって、規制の関係で”旅行代理店”として登録してるんや、、びっくり。なおこの社長も若いが、Uberは各国でMBA卒業直後の若者をCEOとかにする。私の友人も数人働いているが、面接のプロセスからしてユニーク。単にブツブツ話し合うだけでなく、”一週間で30人にUberサービスを使わせて。方法はなんでもいいから”などと、実際に結果を出せるかどうかを問うてくる。こういう世界的に勢いのある若い会社も、規制で殺さず羽ばたける日本市場であってほしい
【Vol.12無料公開中】福岡の件について、行政指導に関する回答はまだ得られていません。引き続き、得られ次第、掲載する予定です。
今回はその行政指導の前に行ったインタビュー、そしてUber Japan 髙橋社長のコメントとともにUberの日本での展開についてお届けします。
こういうチャレンジをいろいろ理屈つけて否定するアホは消えてなくなれ
サンフランシスコでも実際に利用されているのはほとんどUberX。日本での導入ハードルは極めて高いと思うけど、なんとかして同じ仕組みを導入できないものでしょうか。
Uberの日本市場参入によって新たなオプションが増え、既存の交通機関もが活性化することは利用者にとって有意義でしょう。日本のタクシー業界で先進的な取り組みを続ける日本交通とUber、両社共に応援しています。
貴重なインタビューです。↓このような姿勢なら、建設的に話し合いが進みそうな気がします。周りは騒がず見ていた方が良さそう、です。
「引き続き国土交通省と話し合い、本プログラムの内容を伝えながら、もし懸念点などがあれば払拭(ふっしょく)し、みんなのUberを通じて次世代の交通のあり方を検証していきたい。」
今回の行政指導に萎縮しないで、むしろ行政とうまく協調しながら、ベンチャーらしく積極的に日本社会を変革して欲しい。
Done is better than perfectというのは重要。ただDoneの水準をどこまで求めるのかというのも併せて重要。個人的にはDoneの前提には、関連する法規制のチェックというのは確実に含まれ、特に既に報道されていたりこの記事にあるようにUberが日本に置いて「旅行代理店」と登録しているように、元々タクシー含めた公共交通は規制が多い業態。
先日の国交省取材記事を踏まえての、Uberの続報を待ちたい。
『それを可能にしているのが “Done Is Better Than Perfect”(完璧を求めずにまずやってみろ)というUberの社風だ。事前にいくら議論しても100点を取れる確証はない。だから、できる限りのことをして、できそうなところからまず、やってみる。そして、データを取り、次にやるべき手を打つ。』
良インタビュー。 “Done Is Better Than Perfect”な社風がUber Japanに息づいているのが良く分かる。UberX、UberPOOLをどう法規制の隙間を縫って展開するのか、注目だなぁ。
高橋社長のキャリアについては、GQ MEN of the year 2014のインタビューでも伺い知れます。
http://gqjapan.jp/moty/person/person02/page01.php
「我々はタクシー会社ではない。」
「旅行代理店として登録している。」
というところがすごく社会を意識している感じがする。色々と問題はあるが、UberPOOLのようなサービスはぜひ広めて欲しい。
この種の話は丁寧に分析すべきで、速報すべきものではないのだが、関心が高いので掲載したのであろう。私の直感では実験は特に見るべき科学的情報はないだろう。話題を狙ったとすると狙いは外れたのだろう。人流は千差万別である。
タクシー手配は、日本は旅行業法が存在するので工夫次第では英国よりやりやすい面もある。もっと深掘りして検討して欲しい。また、解説記事で「旅行代理店として登録」とあるが、「旅行業として登録」と正確に記述すべき。代理とは誰の代理かという根本問題が理解されていないことがわかってしまう。
株式会社ユーザベースは、経済情報に特化したニュースキュレーションサービス及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォームを提供している日本の株式会社である。 ウィキペディア