新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

73Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
Uberについて、いろいろな問題が混同されていると思うので長文になるがコメント。
Uberの評価されたポイントは、①白タクで供給不足に対応、②圧倒的な使いやすさ
②はいいとして、①については、そもそも白タクが必要なほど供給不足な地域が少ないということに加え、タクシー業界の様々な問題が絡む。

1)タクシーの公共性
 タクシーは通常公共交通の1つとして扱われ、交通インフラとして行政の管理下におかれる。機能しているかどうかは別として、新興国でも一般には登録免許制度がある。管理内容は国によって異なるが、
 ⅰ.需給調整(需要過多はCO2含め社会的コストが増大)
 ⅱ.価格調整
 ⅲ.安全性担保 など
2)タクシードライバーの労働問題
 タクシードライバーは差別化が難しく、長時間労働・低賃金。どこの国でも底辺の職種で、移民、日本では地方からの出稼ぎ労働者が就くことが多い。彼らにしてみればさらに競争が激化するのは望ましくない。
3)変化できないタクシー業界の問題
 他の記事でも指摘されるように、タクシーは個人事業主や零細企業がローカルにやっていることが多く、アプリなどのサービスを導入できる企業は少ない。特に日本の地方タクシー会社の旧態依然ぶりはすさまじい。既得権益のビジネスと言われる部分も確かにある。

これらと利用者利便性を総合的に判断することが必要。

なお、日本についていえばタクシーは完全免許制で白タクは違法。価格も決められている。Uberが現時点でできることは配車アプリとしてタクシー会社に提供することだけであり、今の日本での事業は本来のサービスとは異なる。今のままでは自社アプリがある大手との差別化は難しいだろう。
日本でも海外でも、白タクではなく全タクシー事業者が網羅的に登録されている配車アプリサービスならそう問題にならないと思うのだが。
事はそうは簡単ではない。地方の過疎化問題など複雑。 horiemon.com で当の日本交通川鍋さんにインタビューしてます。
もともと日本の都市部のタクシーのサービス水準は著しく高い。比肩するのは知っている限りではロンドンぐらい。東京に限っていえば、決済は日本が圧倒的に進んでいる。法制度は別にしてもUberのようなサービスの必要性を感じない。今度は日本交通のアプリを使ってみようと思います。
タクシー稼働率が43%とは知りませんでした。。。言い古された話ではありますが、最近、タクシー運転手さんの質が以前に増して落ちた気がします。住所を伝えても迷う場合も多いですし、「新人なので道わかりません」と開き直ってくる場合もありますし。疲れます。。。
LINE TAXIの普及によって、日本のタクシー会社の再編が起こると面白いかも。群雄割拠から弱肉強食になり数社に絞られてきた方が日本のタクシー業界にとっては良いかもしれない。楽天が資本を入れたLyft、Uberとともに日本のタクシー業界がいい意味で変わることを期待したい。
Uberの強みは評価性で自然と質が良くなるドライバーや運転そのもの、ハイヤー、膨大なデータを活かした効率化された配車、資金力を活かしたマーケティングなどLINE Taxiには持ってないものも持ってる。徹底的なローカライゼーションをどこまで極めることができるか。
LINEから全てできるというのは、よく使うアプリの数は限られているということを考えると、強い武器。あと、既にアプリ⇒乗務員のフローを日本交通ができていることも大きいだろう。事業者が分散しているからこそ、ソリューションとして小規模事業者の受け入れが一気に始まれば大きくなる。
アプリ配車は必然の流れ。その中でどこがパイを取るか、結局を決めるのはユーザビリティじゃないかと思います。
これは、確かに強みかもと思った。
マジで、現場でドライバーしてる人への教育コストは高い

それは、旅客も貨物も一緒だろう


「乗務員が使う車載モニターには、無線から入ったオーダーも、アプリから入ったオーダーも同じように表示されるので、乗務員がどこからオーダーが来たのか意識する必要はなく、運転に集中できる」(日本交通・無線センター濱暢宏副センター長)
LINEが強そうですね。知名度もあり、インフラとして定着しているが故にユーザー、ドライバー共に教育する必要性が薄い。このハードルの低さが強み。
Uber,? who?で始まるウーバーはきつい。他国でドライバーが起こした事件もネガティブキャンペーン材料になるし、普及に手間取っている間にシェアを取られる。
そもそも日本はタクシーを捕まえ易いだろうし、ガラパゴス市場として優先度が低くなると思う
Uber(ウーバー)とは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア

業績