新着Pick
308Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ディズニーとは縁の薄いわたしが、ディズニーについて書いてみました。それにしても、「アナ雪」を観ましたが、どこがそんなに面白いのか、よくわかりませんでした。ぜひ「アナ雪」に詳しいピッカーの方に説明していただきたいです。

追記:ディズニーの業績の詳細については、こちらのビジュアルレポートで分析しています。https://newspicks.com/news/878620/
アナ雪の市場構造は私が身をもって体感した。まず初期高齢者世代以降はこの映画にまったく興味なし。わが母とともに見に行ったのだが、最初の歌が流れた途端すやすや眠りだし、レットイットゴーを聞く前にいびきをかいて爆睡していた。

ただし若い女性と幼い子供のハートはこれでもか、というくらいに掴んだ。その当時、どんな女友達とカラオケいっても、女性は”レリーゴーレリーゴー”とかいって同じ歌ばっかり。そして世のお母さん方も同じノイローゼにかかったかと思うのだが、子供はみな狂ったようにレリーゴーのサビの部分だけ、年がら年じゅううたっていた。親戚の子供達もひたすらこればかり歌っていて、私を発狂させたものである。しかしながら子供がそれを好きなら父母も見ざるを得ないし、若い女性がそれを好きなら世の男性も一緒に見る羽目になる。この、世の家計の財布ドライバーである女性・子供のハートをつかんだのは、それぞれ”自分らしくいきたい””本来の自分を取り戻したい”という願望を投影できるエルザと、子供を熱狂させるかわいらしいオラフであった。

そして何よりも最大の勝因は、主題歌のよさ。映画の内容が仮に”サザエさん”だったとしても、あの主題歌があればミリオンヒット間違いなしであろう。

なお、一昔前の”理想の女性像”の権化であった”美女と野獣”のベルのようなキャラはもう流行らないことを踏まえ、セックスアンドシティの影響を受けた今どきの女性のあけっぴろげな嗜好を反映した主人公設定も見事であった。ご存じ、アナは雪山を抜け出してニューヨークかロンドンのトテナムコートのクラブに向かってもおかしくない、ポップなキャラクターであった。今どきの女性の共感を得やすいテーマとキャラクターが、中毒性の高い主題歌とともに、大ヒットにつながった。なお私の個人的なお気に入りは、雪山で武器を売ってた、立ち上がるとでっかいあのおじさんである。
女性のツボにはまったアナ雪に男性がひっぱられているのだと思います。その結果、佐々木編集長のような感想が生まれるのだと…(^^)

女性がはまったつぼポイントは年代によって違うと思います。子供たちはかわいい二人の女の子に憧れます。アナの子供っぽさは簡単に理解でき、エルサの少し陰のある大人の女性に少し背伸びをして理解しようとします。そして二人集まれば役割分担を決め即席のミュージカルがいつでも楽しめます。(3人になると1人はオラフをさせられちゃいますw)うちは娘二人ですので、お姉ちゃんはエルサ、妹はアナと役を決めてしょっちゅうミュージカルをやってます。
そして大人の女性のつぼはずばり「ありのままで」というワード。それが世の悩める女性達を救ったからじゃないかなと思います。アラサー、アラフォー、美魔女。悩める女性を形容する色んなワードが世の中にあふれていますが、どれも女性を真に応援するものではありません。いまや「ありのまま」はアナ雪のタイトルかと間違えるくらい世の中に受け入れられているワードで、日々悩む女性がふとした時に思い出し、頑張ろうと背中を押してくれる魔法の言葉になっているのだと思います。
女性心がわからなーいと悩む男性方はご覧いただくことをお勧めいたします!

柴山さんのはまり具合と岡さんの「鏡」のお話とても面白かったです!
アナ雪、大好きで甥姪と3回も見に行きました。なんといっても、子供と一緒に楽しみを共有できるのに、コンテンツの楽しみ方は異なる点。
大人はミュージカルとして、そして兄弟愛を。あと、エルサの解放された気持ちの瞬間に共感。
子供は単純にオラフの可愛さや歌の多さで楽しめる。

続編も米国では声優キャストそのままで決まりましたね!日本も松たか子&神田沙也加のキャストを期待です。松さんの出産と時期が同じだと厳しいかもしれませんが。
久しぶりのお姫様の話だからということはないでしょうか。
知り合いが、小学生の娘二人をディズニーランドに連れて行った時に、混みすぎて入場規制がかかっており、シーの方に切り替えたら、「お姫様がいない!」と文句を言われてランドに入り直した。と言っていたのを思い出しました。
私はピンと来ませんが、女の子(女性)がお姫様に憧れるというのは、結構強烈な欲求なのかもしれません。

余談ですが、SIGGRAPHというCG系の主要な学会があるのですが、そこでディズニー映画のCGのための視覚効果をどう作るか?みたいな発表がされてたりします。アナ雪の前年は、雪玉が当たって崩れるのを自然にレンダリングする手法のアルゴリズムが発表されてたような。
『ネタとベタの境界線は案外曖昧』が持論です。
『高額お姫様グッズ』を買う女性の古典的なお姫様願望(ベタ)は普遍的な感性だと思います。ただそれに混じりながらもかなりの割合で自立した女性が『(あえて)ガラスの靴』とか『ガラスの靴(笑)』とネタを装って買っている気がします。しかしその深層には『ベタ』が混在してたり。

Sex And The Cityに出てくる女性が『女装っぽい』ように、自立した女性の『女性性に対する諧謔』がかえって過剰な女性性(=お姫様)を要求する。
これ限りなくゲイのドラァッグクイーンの感性に似ていたりもしますが。

〉今は、「男女平等」が常識で、「自立した女性」が崇められる時代。そんな現代において、あえて古典的な「シンデレラ路線」を打ち出すディズニーの戦略はとても興味深い。

ディズニー・アクセラレーターは興味深い。昨年始めに米大手のTechstarsと共同スタートし、採択企業へのディズニーキャラクターの使用許可など他と差別化されてる。ちなみにディズニーの取締役にはツイッターのジャック・ドーシーやFacebooknのシェリル・サンドバーグなど。リソースを活かしたCVC,スタートアップ支援は今後さらに増えてきそう。
宮崎駿の、高畑勲の、若干押しつけがましいくらいの深さの倫理観に馴れた日本人にとっては、「アナ雪」は単純すぎるようにも思ったが…。
なるほど、news picker 時代、newspicker への呼び水にする記事の仕方が有るわけか、つっこまれビリティのある記事なら、某サロンをベンチマークするといいよね
ディズニーアクセラレーターは、共同運営するtechstarsの担当と以前に話したが、とても面白かった。あれだけのブランドを持った会社が多額の資金も使いながら、スタートアップに懸命に歩み寄る姿勢が感じられた。

業績