新着Pick
259Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インスタの買収ニュースがあったときはその額に驚いたけれども、今となっては良いお買い物だったんだなー、と。アジアではFBよりインスタのほうが使用頻度全然高いです。
インスタって滞在時間も長いしユーザーも伸びてるのに加えて、エンゲージメント率もTwitterの120倍とか。将来性を見込んでの買収がWhatsAppやOculusなど含めてFBはうまい。
「スマホ時代=皆がカメラを持ち歩く」ということでもあったわけで。スマホネイティブ世代にとって、生活を画像や動画に残すのが日常なんですよね。「写真=旅行や催事」の世代は直感的にインスタの利便性を感じ難かったのも仕方ないかも。
日常という意味ではテキストのTwitterよりも生活と親和性があったのかも。もちろんTwitterがなかったらインスタがすんなり受け入れられたのかどうかは分かりませんがー。
多分,共有したいものは2種類あって,1つは情報.もう1つは体験.情報は文字で良いけど,体験は文字よりも映像の方が圧倒的に伝わりやすい.情報もどんどんグラフ化されてきているので,今後より画像,動画をシェアするツールは広がっていくのだろう.
そういえば,バーチャルリアリティ系の学術分野では,論文を書いた上で,実際の体験を動画でも投稿するようになっている.これがあるとないとでは,理解のされ方が段違い.論文という学術成果の残し方も,そろそろ変化してくる可能性もあるか?
フェイスブックは買収うまいよな
インスタがすごいという記事。
結果的にみると高値で買ったように見えたfacebookは慧眼だったということなんでしょうが、買った時点でどのくらいの確度で見込んでいたかは後日談が聞きたいですよね
写真共有アプリがここまで伸びるということ、若者×エンゲージ×スマホで圧倒的な存在感となり、facebookとも広告ビジネスとも相性がいいこと、その中でインスタが勝っていけるということ。さすがに確率論だったところもあるとは思うのですが
これを抑えられたFacebookは本当にすごいなー
文字で思考しない世代の台頭。「これから」の人々である若い子たちが画像や動画でコミュニケーションしている流れを見ると、「これまで」の人々を相手にしてきた文字列メディアは相当焦るべきだと思う。彼らのコミュニケーションに要求されるスピード感と情報包括性に応えられていない。
若年層中心だからこんなにエンゲージメント率が高いのだろうけど(=1日中みてる)。
2010年のサービス開始から約5年。大人率が高くなると若年層は別のSNSに切り替えだすので、そろそろ次のSNSが見えてきそう。
ザッカーバーグの千里眼。若くして孫さんに勝ると劣らないのかも。NewsPicksで四天王的なインフォグラフィックして欲しいな。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
2.69 兆円

業績