新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

47Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
空中戦も大切ですが、最後に勝つのは、消費者の心を掴んだ側でしょう。ウーバーの登場で焦ったタクシー業界が、サービスを改善してくれれば、消費者にとってはポジティブ。
これだけの連載で毎回クオリティが高い。
既存業界側の既得権を守る動きは万国共通
世界各地での反発を見ると「ウーバーはもっと上手くやれないのか」と感じていましたが、こういう業界なのでどんな些細な革新でも反発されそうなことを考えれば、一旦究極まで振り切ったサービスをぶつけて反発の強さを見極め、各地の反発の強さに応じてギリギリのサービスを展開していくというやり方には一定の合理性がある気がするし、そこまで計算した上での「戦略的やんちゃ」だとするとかなりしたたかかもしれない、と感じました。
これからだということだね
この記事を読むと、日本交通はうまくやっているなと思う。
Uber対既存タクシーの争いも、結局は人を運ぶビジネスモデルよりも、タクシーの呼び方が電話なのかアプリなのか、流しを止めるのか等のユーザビリティにかかっている気がします。
異国でタクシーが捕まらない状態ほど心細いことは無い。Uberが規制されてなければ話が早いが。。。
既得権益ではなく、ユーザーの利益を1番に考えて貰いたい。
一方、事業サイドに立つとテクノロジーって恐ろしいとも感じる。出来れば変化を推進する方にいたい。変化を突きつけられのは。。。辛い。
ベンチャーらしいのだけれども、やはり印象は悪いしこの手法だと多くの敵を作る。「ウーバーはとりあえずサービスをスタートさせて利用者を増やし、それをテコに規制当局に事業活動を追認させる戦略をとっている」上級副社長として入ってきた、オバマ米大統領の側近を務めていたプラフ氏などをフルに、ロビーングも兼ねて活かしていかないとユーザーは増えても切っても切り離せない政府機関やメディアは批判的になる。
客の方を向いてない既存タクシー会社は衰退の一途。Uberが勝つかどうかは分かりませんが、時代が逆行することは無いですから。
Uber(ウーバー)とは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア