464Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
伊藤さんもコメントされていらっしゃる通り、NVIDIAのGPUと自社の自律飛行制御ソフトウェアを搭載した弊社製品は、ハードウェアドリブンな機体開発ではなくソフトウェアありきの開発を行っており、凡そ四半期毎に新しい機能を顧客に提供し続けております。(パートナーとのエコシステム・API利用により更に多岐に渡る機能連携も行なっております。)
昨年度法改正がされ導入された無人航空機(ドローン)の型式認証制度(機体設計の安全性と均一性を示す航空当局による認証制度)およびその証明手法については大枠は従来の有人航空機の型式証明を基としているものの、(安全を大前提とし)このような技術背景・市場競争力に合った制度設計及びそのmeans of compliance を官民相互で醸成・業界にとって主要な国々との協調性を考慮することが今後の日本の無人航空機産業の発展、日本の事業者が海外へ打って出れるかに繋がるものと思います。(他国も然り)
NVIDIAが出資しているドローン企業のSkydioは、創業メンバーがGoogle出身者で固められているのが特徴的な点です。

Googleドローン部門(現Wing社)のソフトウェアを開発していたエンジニアや、Androidの事業開発のヘッドが集まり、ハードウェアドリブンになりがちなドローン業界にあって、ソフトウェアの力で現在の圧倒的なポジションを作り上げました。

Skydioのドローンの特徴は、機体の上下にそれぞれ3つ取り付けられたカメラによって、機体の周辺情報を把握し自己位置を補正すること。通常のドローンメーカーのアプローチが飛びやすさや操作性を追求するのに対し、Skydioは理論上絶対にぶつからないドローンを作りました。この複数台のカメラから集まる情報をリアルタイムに解析するのに、NVIDIAの情報処理能力が活きています。

ドローン業界にあって「ぶつからない」とは、「落ちない」とほぼ同義になります。故に、熟練したドローンの操作スキルがなくても、誰もが簡単に扱うことができるのです。この辺りがアメリカの官公庁でも爆発的に人気になった理由でもあります。

先月末にアメリカ下院議会では、中国を含む敵対国産ドローンの政府内での使用禁止や新たな購入を禁止する法案が通りました。今後ますますSkydioをはじめとしたアメリカの国産ドローンが伸びるものと考えられます。
ドローンでDeep Learningをやらせるために搭載できる組み込み系のエッジコンピュータはNVIDIA Jetson,一択でしょうね.いまは.
利用しています.
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101542.html
https://www.nedo.go.jp/content/100937784.pdf
話題になるということは業績に伴い株価が主に上がってるということでもある。MetaやGoogleが消えてしまうにしては規模が大きいが…どちらも代替が難しいサービスを世界展開している。
NVIDIAも含めて、アルファベットのイニシャルでまとめられる企業群はどこも素晴らしい技術や製品を持ち、既に目立つ存在なので、分かりやすく一括りにしなくてもいいと思います。
新しく台頭したメガテックの名前を取るのは納得。ただ前回のGAFAMはplatformerであった中で、だいぶ広がりが。ただNVIDIAやテスラもプラットフォームになっていくのかもしれない。
いろいろな略語が生まれます...

GAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)
FAANG(Facebook、Amazon、Apple、Netflix、Google)
MATANA(Microsoft、Apple、Tesla、Alphabet、NVIDIA、Amazon)

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
その辺まで広げてくるならオラクルとかadobeとかSAPみたいな法人IT強い系も入ってもいい気もするけど。普通の大人が起きてる時間の半分を過ごすオフィスでは少なくともFacebookはほとんど使わないし会社がandroidだったら Appleだって使わないし。AmazonとMicrosoftは回避不能なくらい使われてるけど。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
257 兆円

業績

NVIDIA Corporation(エヌビディアコーポレーション)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカーであり、半導体の中でも特にGPUを汎用計算用途に拡張したGPGPUの設計に特化している。 ウィキペディア
時価総額
166 兆円

業績

日本オラクル株式会社(にほんオラクル、英語: Oracle Corporation Japan)は、米国企業オラクルコーポレーション (Oracle Corporation) (1977年設立)が、1985年に日本で設立した法人である。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ハードウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
1.46 兆円

業績

マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。1985年にパソコン用OSのWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。 ウィキペディア
時価総額
420 兆円

業績

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、アメリカ合衆国のワシントン州シアトルに本拠地を置く企業である。主軸はインターネット経由の小売であるが、その他にもクラウドコンピューティングなどを手掛けている。 ウィキペディア
時価総額
227 兆円

業績

業績

時価総額
112 兆円

業績

業績

Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
31.4 兆円

業績

インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
27.7 兆円

業績

Apple Inc.(アップル)は、アメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。カリフォルニア州クパチーノに本社を置く。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
442 兆円

業績

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.49 兆円

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
130 兆円

業績