新着Pick
161Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ハイブリッド車は、燃費性能に優れていることは今更説明の必要はないが、基本的には市街地走行(stop&go)で威力を発揮する。ハイウェイ走行時は、通常のガソリン車と同じである。ハイウェイ走行の多い米国、とりわけ、カリフォルニア州がHV車を外すのは、ある意味では納得できる部分もある。
相変わらずカリフォルニア州の方針は明確で強い。
「目的は、技術革新を後押しすることだ。義務がなかったら、自動車メーカーは技術開発をしようと思わないだろう」
カリフォルニア州の環境車規制に関しては、下記Weekly Briefing記事参照。長期的にはFCVを強化しようとしてて、また米国各州は連邦規制かカリフォルニア州規制どちらかに準拠する形なので、カリフォルニア州の規制動向は極めて重要。
https://newspicks.com/news/850740/
これが理由で、アメリカではHV→PHV→EVにシフトし、EVと平行してFCVに成って行く。欧州はHVを飛ばしてディーゼルからPHVにシフトする点が違い。
どちらにしろ、技術的にはエネルギー密度、経済的には資源価格、で見て、内燃機関の経済合理性は強力。こう言う政策上の誘水は、技術開発支援と合わせて、技術革新を市場に落とし込むのに不可欠。
まあそうなるわな
ガソリン価格の低下を受けて、多くのアメリカ人がエコカーでない大型車を購入しています。
カリフォルニア州のこのような方針が維持されるかに注目したいと思います。
タイトルが釣りですが、順当な時代の流れであり、特段驚くことでもない。
HV→PHV→FCV orEV
というのは既定路線なのは周知の事実でしょう。
カリフォルニアのカープールレーンの権利を「エコカー」で得ようとすると結構ハードルは高い。ただEVと言うだけでは無理で、その中でもランク付けがされている。今のところ日産がリーフでかなりリードしているみたいだ。
緒方さんも書かれているように、カリフォルニアの強い排気ガス規制が、コンパクトカーが広がるのを推し進めたのが1970年代後半。
LAの渋滞や大気汚染は東京・大阪以上。環境重視の政策が打てるのも、カリフォルニア州政府だからか
カリフォルニア州がこんなに規制がつよい州だとは知らなかった。
中国にこそこういうリーダーシップが必要な気がする。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.5 兆円

業績