新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

37Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
Uberが取り組んでいるのは、短期的にはタクシーの置き換えだけど、中長期的には交通インフラの置き換え。渋滞や運転や乗換で無駄になっている時間やコストを圧倒的に効率化しようとしている。
色々な議論はあるものの、結局は非効率な既存業界をインターネットを使ってユーザーにより良いサービスを提供するというのが「イノベーション」であるというまとめであり、的を射ていると思う。
Uberは免許制度にも一石を投じています。ただ、免許制度には質の担保の他にも様々な目的があり、そこを無視していいのかというのもあります。
ここはしっかりと考えないといけないところでもあるかと思います。
たまった連載を読んだ。クルーガー氏のレポートは特に面白い。第4四半期の売上高は6億5680万ドルで意外と好調。Uberドライバーの賃金が平均より高く、満足度も高い、というのは客観的で、今回の雇用を奪うという観点以外は賞賛できる。そしてUber Poolで5万人の雇用を生み出し、40万の車を減らす、というのも素晴らしい。ジレンマは数字より見せ方。トラビスの協力的な姿勢とロビーング活動に期待したい。
タクシーの規制緩和で客待ちのタクシーが増えたと業界から大反対を受けていたが、Uberの様なシステムなら客待ちはない。そういう意味で規制はなくしていけばいいと思う。
Uber(ウーバー)とは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア