新着Pick
265Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【無料公開】朝から話題持ちきりのApple Watch。その裏にはAppleの人材獲得戦略、またビジネスモデルの大きな転換がありました。一言で言うと、ブランディングビジネス。新たなAppleの始まりとも言えます。
スティーブ・ジョブズは生前、現在のApple CEOのティム・クックにこう語ったそう。「スティーブ・ジョブズならどうしただろう?などとは絶対に考えるな。自分が正しいと思う事をしろ」
1万ドルのApple Watch。「”クールでイノベーティブ”なブランド」とは思えない、フツーのラグジャリーブランド(サンローランやバーバリー)のフツーのやり口。そういうことをしなかったからこそアップルはブランドを構築できたと思うのだが。ジョブズ氏が聞いたら怒るように思うが、クック氏は確信犯。それはそれで大した経営だと思う。是非に非ず。
ここ数日話題で賛否もいろいろなアップルウォッチ。その中でも一番頭が回った良記事。
読んでいて、アップルの今後の方向性を象徴する話になり得ると感じた。
大きな方向性として、これまでのテクノロジー企業から「自分達はライフスタイル企業。たまたまテクノロジーが得意だけどね」というような進化をイメージしてるのではないかと感じた
これだけの人を獲得してやるのは、テクノロジー商品にちょっとファッション性を入れてみよう、というレベルではなく、ライフスタイルやファッションの文脈にテクノロジーがどう入るのかを考えよう、ということに見える
インターネットが生活に入り込んでいくなかでも、「ウェアラブル(テクノロジーをみにつける)」とか、IOTとかテクノロジーを主語にした考え方ばかりのなかで、ライフスタイルを主語にしてテクノロジーをどう料理するのかを考えられる会社になると一段違う存在になり得ると感じました
水を刺すようであれだけど、Apple watchはテクノロジーであってファッションではないよ。ファッションとテクノロジーの中間 (ファッションEC) にいる立場から言わせてもらえれば、ファッションとテクノロジーは真逆の世界だとつくづく思う。デザインとテクノロジーの親和性は高いけど、ファッションとテクノロジーは水と油。
だからクックのこの戦略は間違ってると思う。
>一見“異常”とも思える程の高さ
100万円は、電子玩具としてみれば高いけど「時計」と見ればさほど高くない。

フランクミュラーやロレックスの普及価格帯は数十万円。パティックフィリップなど高級時計は150万円代からだから、林檎時計は、高級品市場の中では安い。

アップルとしては比較対象の参照点を、中国格安スマホが追従してくる「価格×機能」からそらして、「自己表現グッズ」に移したいのでしょう。
人材という軸で見てみると企業の考える戦略が透けてみえる。面白い観点。
ただ、時計を含めて高級ブランド品はメンテナンス体制も整っており、一生大事に使いながら育てていく品、という性格があると思うけど、Apple Watchは頑張っても5年ぐらいだろう。高級ブランドとはそもそも性格の違うガジェット製品を、どうブランディングしていくのかは興味深い。
同じ機能に対して20倍の価格差をつけるのは、記事にあるように「ブランディングビジネス」以外の何物でもないだろう。個人的には、服飾はトレンドビジネスかつ毎年ショーがあるのでモデルサイクルがあるが、時計や宝石は相対的にそれが少ない印象で、そっちからの人材登用の方が、経験値としては活用できるのではないかと思う(Apple Watchとモデルサイクルの議論については、今朝の下記Pick内コメント参照)。
https://newspicks.com/news/865646/
「ジョブズ亡き今、Appleの大きな転換」というのは,なるほどという感じ.
技術にばかり目がいってしまう立場からすると,常に新しい技術をあれこれ入れてほしい気もするけれど,そこに何か限界が見えてきているということなのかも.
人材は勿論のこと、販売店でもかなりファッション界を意識している。
>今回はAppleStoreの他、4月10日から、パリのギャラリー・ラファイエット(Galeries Lafayette)、東京の伊勢丹、そしてロンドンのセルフリッジ(Selfridges)にショップ・イン・ショップを出店し、試着ができるプレビューを実施。4月24日からは、百貨店に加え、東京のドーバーストリートマーケット ギンザ、パリのコレット(colette)、ロサンゼルスのマックスフィールド(Maxfield)そしてベルリンのザ・コーナー(The Corner)を含む世界主要都市のブティックで販売を開始する。
http://www.fashionsnap.com/news/2015-03-10/applewatch-15apr/
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
128 兆円

業績