新着Pick

就職活動で「就活ナビサイト」を使わない会社の言い分 - ライブドアニュース

ライブドアニュース
ネットを使った就活ナビサイトを使わない会社がある。欲しい学生に会えない、選考で落とす作業の負担が大きいなどが理由。ライフネット生命はメールを見てもらえないとの理由で2016年に利用をやめる
104Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
リクナビ・マイナビをはじめナビサイトを「卒業」する企業は確かに増えてる。自社で集客できる力があれば、ナビサイトは不要になるもんね。
一方で、ナビサイトがあるから採用できた、就職できた、という企業や学生がいるからこそ使われ続けてるのも事実。それを忘れてはいけない。
「すべての競争は負け犬のためのものだ」。最近NPで見た言葉だが、就活も同じでしょ、企業側も学生側も。
何でもかんでも脱ナビサイトに走るのはちょっと違う。自社が来て欲しいと思う人材に会社を知ってもらい、魅力を知ってもらい、受けてもらい、口説いていくことが大事。ナビサイトを使うかどうかは企業によるし。むしろ知ってもらえることはポジティブに捉えるべき。

意味ないよね
何もなくても、自社のHPの採用のサイトまで来るかどうかが一つ目の先行になっているとも考えられる。
採用も工夫だからね、ブランドがないところは大手と同じことやっててもだめでしょ、そういうこと