新着Pick
234Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今では中食の風雲児とか言われてるサービスも、元々は完全な成り行きでスタートし、その後あれこれ試行錯誤しながら作り上げていったというお話
【第8話】起業志望者が持ってくるアイデアは「“十中十”はダメ」と語る小澤さん。アイデア出しから、要素分解と成功事例の調査まで付きっきりで支援して創業に導きます。
弁当屋の車をタクシーで追いかけて工場を突き止める、とか最高。こういったリアルな事業はいつの時代になっても泥臭くいくことが重要なんだなぁ、と。
生々しい起業物語。B to Cの事業のコンセプト考えるときはとにかくいろいろ見るしかないですよね。でも最初ってこんなもんなんでしょうね。ある程度大きくなってきた時点で「社会的意義」とか「理念」とか改めて考えるってのも、一つのリアルな姿な気がします。スターフェスティバルさんのHP見ると「たくさんの人が集まる時間をもっとハッピーに」ということですが、これを見る限り別にそれが起業の想いではないですしねw
事業を立ち上げ、運営するものとして、すごくしっくりくる内容。仮説は最少リソースでとっとと動いて検証して、うまくいくことがわかったらアクセルを踏むのが正道。資金調達ありきで起業を考える人が多いけど、金以前に知恵と行動力が足りないと思うことが多いです。
こういうビジネスが誕生する瞬間の話はとても貴重。まさか、ごちくるがこんな会話から誕生しているなんて!
小:「お前、弁当屋をやれ。うちの下のガレージを貸してやる」
岸:「何で弁当屋なんですか?」
小:「うちの斜め向かいの弁当屋が、毎日行列ができている。その半分でも客が来たら食えるようになるから」
ひゃー楽しいですね♪ビジネスってこうやって考えるだと起業家でない私には何とも新鮮です。考える過程が分かりやすい言葉で自然に書いてくださってるのでとても理解しやすいです。小澤さんはとても利口な方なのだとつくづく感じました。
「翌日、岸田が弁当屋の車をタクシーで追いかけ、工場を突き止めました。ピンポンを鳴らして交渉し、仕入れさせてもらうことに成功します。」

これができる人が少ない。常識という枠にはまらないと、いろいろと楽しくなる。
前回で自分の時はおざーんさんに相談のってほしい!と言った自分は起業を目指す者としてまだまだだと思いました。
まず、やれることから自分の足でやってみます。
成功のためのシンプルな行動力が素晴らしい【翌日、岸田が弁当屋の車をタクシ!ーで追いかけ、工場を突き止めました。ピンポンを鳴らして交渉し、仕入れさせてもらうことに成功します】
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.13 兆円

業績