新着Pick
346Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
両社が合併する事で店舗数ではセブンイレブンを抜き1位に。但し、セブンイレブンは一店舗あたりの売上が高いので、売上ベースは引き続きセブンが1位。この1店舗あたりの売上がセブンの強さを表していますね。サークルKサンクスの約1.5倍もある。
2014年 2月時点の数字↓
セブイレブン
国内店舗数16,319店舗
店舗平均日販664千円
ローソン
国内店舗数11,606店舗
店舗平均日販542千円
ファミリーマート
国内店舗数10,547店舗
店舗平均日販521千円
サークルKサンクス
国内店舗数6,359店舗
店舗平均日販451千円
これは大きい。
最も規模のメリットが効くPBを考慮すると、コンビニ事業だけの統合よりも、本体ごと統合した方がシナジーがあるということだろう。
ただ、「店舗数では、首位のセブンイレブンをわずかに上回る」というのは間違いと思われる。
2015年度3Q
(店舗数、チェーン売上高)
セブン  17,177/3.03兆円
ローソン 11,704/1.48兆円
ファミマ 10,162/1.40兆円
サンクス  6,319/0.72兆円
ファミマ+サンクス 16,481/2.12兆円
ファミリーマートとユニーグループ(サークルKサンクス)が統合して店舗数はセブンに並ぶとはいいますが、実は一店舗あたりの売上がセブンとファミマでは圧倒的に違うんですね。店舗数が同じになっても売上高の合計はまだ1兆円くらいの違いがあります。サークルKサンクスとファミマを足しても売上高は2兆9千億円くらいですが、セブンは同じくらいの店舗数で3兆8千億円くらいです。

セブンはようやく四国に入りましたよね。四国に入ってから、ローソンやファミマからセブンに切り替えたところがずいぶん出てきたんですよ。そうすると、売上が倍になるような店舗も出てきます。

この違いは何かというと、商品です。セブンとローソン、セブンとファミマの違いは基本的には店舗数ではなく、個々の商品だと思います。そこで勝敗がわかれています。だから、合併しても昔の商品を売っていてはだめですね。

セブンの商品開発力はかなり旺盛です。セブンはメーカーよりも相当きつく、製販連合で商品開発をやっています。そこをちゃんとやらないとだめだと思いますね。
質を追求し続けて結果として大きくなったセブンイレブン。規模の拡大を先行させて質を考える他のコンビニ。
既存店舗の売り上げが下がったら新規出店を中止すると公言して、チェーン全体の売り上げを伸ばすセブンイレブン。
新規出店を加えてもチェーン全体の売り上げが前年を下回る他のコンビニ。
セブンイレブンと他のコンビニは、似て非なるもの。
ファミマ、サークルKサンクスの負け組連合では、とてもではないがセブンイレブンに対抗できまい。
以前からずっと話に上がっているファミマとサークルKサンクスの統合。しかし今回はその上をいく、ファミマとユニーとの経営統合。今年1月1日にユニーグループのドンと言われた創業者の西川氏が亡くなられたことで状況が大きく動いたのでしょうか。それにしても流通業界としてはインパクトのある統合だと思う。
まあ、国内の縮み行くマーケットは無駄な競争排除しましょうってことね
伊藤忠系ということで、ファミマとサークルKサンクスは時間の問題と思っていたが、その親のユニーごとくっつくというのはちょっと驚き。個人的にはユニーはあまり生活圏でなじみがないが、伊豆に住んでいた人に「あの大きな建物のAPITAって何?」と聞いた時に「生活の中心」と言っていたのが印象的。Wikipediaによれば「全店舗の約3分の2に当たる店舗が東海4県に集中」とのこと。うまく統合効果を出していってほしいです
ファミマが業界トップを取りに来たな。
ただ店舗数での競争はもう終わると思うので、中身の工夫で違いを出して欲しい。
まあ、この組み合わせしかないのであろうが、店の数を都合つけた後、セブンのような、あっと言わせる商品開発にシフトしてほしい。もはやコンビニはインフラ。
伊藤忠主導の流通再編。これは6年前ぐらいから計画されていた流れだが、統合に前向きじゃなかったユニーのトップが退任したことで話が進み始めた。ただユニーやファミマの商品開発力はセブンやローソンには大きく劣後しており、一緒にしただけでは意味なし。ブランドの統合も店舗の重複解消やFC契約の統一など難しい部分もある。ただ寡占化が進むこと自体はコンビニ業界にとってはプラス。ぜひ頑張ってもらいたい
ユニーグループ・ホールディングス株式会社(英語: UNYgroup Holdings Co., Ltd.、通称表記:UGHD.)は、ユニー、サークルKサンクス等を傘下に持っていた日本の大手流通持株会社。2016年(平成28年)9月1日をもって、(旧)ファミリーマートに吸収合併され消滅した。 ウィキペディア

業績