新着Pick
141Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
楽しいこともあれば、大変な曲面もあるって話です。言えない話も情けない話もたくさんありますね。
【第6話】「どんなにいいアイデアを練っても、お客さんは最後のタッチポイントですべてを判断します」。だから全部「小澤チェック」をした。これは消費者としても作り手としても頷きました。
楽天球団の立ち上げ話もめちゃめちゃ面白いが、父親が自己破産をして家業を売却した話が壮絶。そして「目の前にいる従業員が将来、路頭に迷うくらいなら、良い時期にしっかりとした会社へ売却するのもアリだと思ってしまうのです」というのは、完全に競争に負けながら赤字事業を売却できずに余計競争力を失っていく多くの経営者が耳を傾けるべき言葉と思う
従業員の雇用が最優先。球団運営もチーム成績だけではなく経営も重要なインディケータのひとつ。優先順位と視点をどこに置くか、非常に勉強になる。
この話は非常に大事な話。
顧客のタッチポイントをおさえる、会社を売却するということ。
いやー勉強になる。
売却への思考。。とにかくすごすぎて、コメントがチープになってしまいます。次回も読みたい!
コメントしようと思ったが盛り沢山の回で上手くコメント出来ず…とりあえず読んでほしい!
楽天かDNAの社長の椅子を狙っています!それかPLの監督。私が人生でやり残した事は、高校野球部監督です!
↓今日印象に残った点です。マーケティングに統合性、一貫性を持たせるための具体的なやり方として勉強になりました。
「スタート時におけるブランディングやクリエイティブは、可能であれば一人がコントロールすべき、そうしないとバラバラになってしまう、というのが僕の持論です。」
↓ また、原体験とそこから生まれる自己の特徴を客観視されているところも印象的でした。
「だから僕はきっと人の雇い方が保守的になっています。
目の前にいる従業員が将来、路頭に迷うくらいなら、良い時期にしっかりとした会社へ売却するのもアリだと思ってしまうのです。」
まさに同じようなことを昨日会話してたけど、本当仰るとおりだと思うんだよな。
"スタート時におけるブランディングやクリエイティブは、可能であれば一人がコントロールすべき、そうしないとバラバラになってしまう"
"どんなにいいアイデアを練っても、お客さんは最後の「タッチポイント」ですべてを判断します"
"そして最初の「打ち出し角度」を間違うと、その後ずっと苦しむことになります。"
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.85 兆円

業績