新着Pick
259Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker

「起業するなら、自分が得意なもの、他の人がやっていないことを始めるべき」とのこと。賛成。
アホな質問するな
価値の創造についてのコメントが多いが、その中でマネジメントに触れている部分が参考になる。スタートアップだけでなく、経営を行う上で大切な部分だと思う。
>一般的に、対立とはお互いが違うものを求めるから起きると言われている。だが、実際には同じものを求めるから起きるのだ。マネジメントについてもこれと同じ。二人に対して同時に同じことをやれというと、そこから二人は敵同士になる。対立を起こさないためには、人々の役割を差別化する必要がある。もっとも、事業がうまくいっていれば、だいたいの問題は克服できる。
「才能とは持って生まれた能力と環境による組み合わせ方次第なのではないか」とか表現は面白い。けど意外と言ってることは普通だったり。
【ティール講演録2日目】今回は、ティールが学生の質問に答えます。日本はワクワクしませんという学生に「あなたは日本に厳し過ぎる」と言うティール。そのわけとは?
ビジネスって人だよなって思う。戦略は後付けでどうにかなる部分もある。テクノロジーの差別化が難しい!→「テクノロジーが優れているか」「ビジネス戦略が優れているか」「人がいいか」。投資を決めるのはこの三つの組み合わせであり、このいずれが欠けても駄目で、全部そろってはじめて投資できる
地に足がついたコミュニケーションですね。もっとぶっ飛んでるのかと思っていました。
それと、起業という選択肢を考えている人が15年前よりも多そう。その頃は山一倒産とかで大企業が融け出したタイミングながらも、起業という選択肢は薄かった。その頃の空気感からすると、日本の学生の意識は多極化してるかも。
ティールを盲信してる感じは若干するものの良い変化だと思う。
「野心的になり過ぎない純真な心」というのが深い。
投資を決める際の要件に「人がいいこと」という項目があるのは驚きましたが、さすがと思いました。
うん、「得意」かつ「他の人がやっていないこと」。それにつきると思う。加えるなら「好きなこと」。