24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
購入者が倉庫から自分で商品を取るセルフサービス形式や、通販の場合も段ボールに無駄に空間ができないフラットパック、全世界共通ラインナップという、IKEAのビジネスの特徴が活かされるソファだと感じました。

「サスティナブル」といったキーワードをAIに入力することで生み出されたとのこと、持続可能性の追求のためには既存の商品のあり方を転換しなければならないということを象徴するような事例ですね。

ソファは一部企業で中身をウレタンフォームにリサイクルするビジネスを行っていますが、通常は基本的にリサイクルに経済合理性が見出しにくく、困難なものとなります。

本商品のクッション材は生分解性ということでリサイクルを前提にしていないのかもしれませんが(生分解性素材専用の処理施設が必要)、解体が自分でできるくらいの設計ということで、リサイクル業者もアルミフレームとその他に分けやすく、最低でもアルミフレームは循環に繋げることが可能となりそうです。
生成AIがプロのデザイナーと創造的なコラボレーションができた、という意味で興味深いです。新たな視点をAIから学んだ、とは将棋の藤井聡太名人もインタビューで答えていました。

一般人のスキルアップや職場代替が話題になりがちですが、トッププロがAIでさらに強化される点にも注目したいです。