新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
おそらくは現状の任意適用のままでもIFRSへの変更の流れは進むでしょう。
おそらくはその前に金融庁が強制適用にするかもしれませんが、いずれにせよといったところだと思います。
これだけ国内外問わず企業間のM&A等が進む中で、むしろ会計基準が国際的に統一されていないことの方がおかしいともいえますので、良い流れではないでしょうか。
国際会計基準への統一は元々海外企業と横比較を出来るようにするためのもの。
今の強制適用しないけど、企業が勝手に変更している流れは、国内比較も海外との比較もすごく企業依存というすごく中途半端な状態を生んで、現場のアナリストをすごく困らせる状況になっていると思う。
ひいてはその分かりづらさが日本企業への投資を面倒だと思わせる要因になってしまうと思うので、早急に統一を計った方がいいと思う。
先日楠木建さんのお話で日本は本社機能は弱く、現場が強いと。将来どこの市場が伸びるかというポートフォリオ経営は日本は全然ダメ。どんどん海外企業を買収して成長してそのイメージを払拭してほしい
IFRSは、正確に言うと「国際財務報告基準」であり、IAS(国際会計基準)とは違うのだが…。まぁ、IFRSがIASに基づいているから、間違いじゃないけど。
『IFRS採用企業が増えている背景には投資マネーの圧力もある』、本当かな? のれん償却がなくなってEPSが上昇しても、将来キャッシュフローの総額は変わらないので企業価値には中立であることぐらい、海外マネーでも国内マネーでも誰でもわかること。IFRSで良いのは、『益出し』ができなくなることぐらいこと、『特損』が営業費用となることぐらいだ。あとはどっちでもよい。
着々と増えています。↓また強制適用の議論が復活するのでしょうか…。
「金融庁は過去に15年から国際基準を強制適用することを検討したが、東日本大震災の影響で11年6月に強制適用を延期した。元金融庁長官でIFRS財団の佐藤隆文評議員は「採用企業が増えれば強制適用の議論にも影響する」と話す。」
企業の会計基準は一つにまとめた方がメリットは大きいと思う。全ての企業がグローバル化を視野に入れなければならないような時代になってきていると思うので、IFRSを全企業が使用する強制適用を早期に検討することはいいと思う。
米国も適用に前進しつつあるのかしら?米国の顔色みつつ適用するしないの議論がされたようにも見えなくなかったので
IFRSへの移行が増えるのは良い傾向です。日本が会計基準について、発言権を維持するためにも、IFRS採用企業が増えて欲しいと思います。
制度統一がコミュニケーションコストを削減する。このコストは可視化し難いものだが、長期的に見て、事務方・投資家など様々なステークホルダーに波及効果があると思う。
「会計基準が混在している状況を解消すればコスト削減できる」