新着Pick
121Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にはありませんが、私の最初に作っ会社の取締役は、ネットエイジ西川さん、ネットイヤー小池さん、グロービス仮屋薗さん、ebayジャパン元社長のサム大橋さんといった方々でした。27歳の私にとって素晴らしい先生方でした。
【第3話】イージーシークをつくった小澤さん。VCを回りますが評価してくれず、ネット界の寵児にプレゼン…。困難な状況でも楽しげに次の一手を打つことで道を開きます。
今ほど、ベンチャーキャピタルやベンチャー投資が盛んな時期ではなかったので、出資者探しはとても大変だったはず。こうした開拓者がいたからこそ、今がある。
新聞記事を見てすぐに連絡して、そのご縁を広げていく力が素敵!自分も過去にザッカーバーグと秋元康にとあるお願いの手紙を書いたものの返信は来なかった 笑 行動力だけでなく、相手を動かす人間的魅力や時には運も必要も必要!→【ネットエイジ(現ユナイテッド)社長の西川潔さんがオンライン自動車見積取り次ぎサービスの「ネットディーラーズ」をソフトバンクに数億円で売却した、という新聞記事を目にします】
第3話。色々な人物が登場し始める。ビジネスに共感者(スポンサー)の存在は大事ですし、ネットをその頃から分かっていた西川さんや堀さんはさすがです。
ここで出てきた、西川さん小池さん。やはりネットエイジマフィアはすごいですね。何か熱を持った人は集まり、刺激しあいそして羽ばたいていく。「ビットバレー構想」は日本のベンチャーシーンに確実に何かを残した気がします
やはり人との出会いがここでも運命を大きく変えている。小澤さんの場合はかなり積極的に自分から動いて見つけた人脈という感じが強い。徹底して自ら動くという行動力が本当に素晴らしい。
資金調達が人との廻り合いから起こっていることに小澤さんの行動力と支えた皆さんの目利き力の高さがわかります。この連載人間味があって、あまりに面白いので一瞬で読んでしまいます。
「 何かをやろうと思ったら、必ずその何かを実際にやったことのある人を調査する。 」

これは簡単なようでなかなか実践できない。勉強になります。
西川さんの記事を目にして、すぐに連絡をとり、その西川さんに西野さんや堀さんを紹介され、堀さんにはすぐに5000万の出資を受け…というあたり、すごい。人の繋がりを創り出していける人は強い。
先日連載していた伊藤園の話も似たような要素があったよね。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.82 兆円

業績