新着Pick
159Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
民営化により合理化が進んでいるのは素晴らしいのだけど、営業停止するぐらいなら再生の可能性があるオリックスへの売却の方が多くの人のために良かった。
オリックスにうっとけば良かったのにね。馬鹿ばっか
赤字で過剰人員の会社をオリックスがお金を出して買ってくれると言っていたのに、あの時のマスコミが対象企業を不動産とてしか評価できないことに大きな落胆を感じたのを思い出しました。
オリックスに売られたと思ってたが見送られてたのか。確かキャッシュフローを殆ど産まない&建物の老朽化のためカナリ安く見積もられてた気が…まあバブル時代の悪しき負債、とっとと処分しちまえ
オリックスに売却する事を反対した当時の鳩山総務大臣とオリックスを攻撃したマスコミの皆さんは、この事態をどう思っているのだろうか?
無責任なその場限りの政治家とマスコミは、そんなことを覚えてもいないかもしれないですね。
経営は、結果がすべてです。
もったいない話です。従業員の方々もいるわけで…。オリックスが買っていたら今はどうなっていたのでしょうか。

阿蘇のかんぽの宿に泊まったことがありすが、子供が喜ぶようなイベント(スタンプ、縁日)も手作り感が満載で従業員の方もとても親切でした。クチコミがよかったので泊まったのですが、ほんとによかったです。
確かにこのまま持ってても、穴の空いた鍋みたいなもんだ。再生できる可能性があるなら、改めてオリックスへの売却とか、他の再生機関に託すとか考えればいいのに。
政治家も裁判官もマスコミも、投資の常識を知らないのが日本の現状だ。ネガティヴキャッシュフローの事業を大枚をはたいてオリックスが買ってくれるという話が如何に良い申し出か、誰も理解していないまま、非論理的理由で話が潰された。
上場に向けてサビを落としているのかもしれないが、運営できないという企業力の弱さとも感じる。オリックスに売却できていればよかったのに。
まだあったのかと驚きますが、むしろインバウンド狙いで一番うまくいく事業かもしれないような気がします。
日本郵政株式会社(にっぽんゆうせい、英語: Japan Post Holdings Co.,Ltd.)は、日本郵政株式会社法に基づき、日本郵政グループの持株会社として設立された特殊会社。 ウィキペディア
時価総額
3.35 兆円

業績

株式会社かんぽ生命保険(かんぽせいめいほけん、英称:Japan Post Insurance Co.,Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く、日本の生命保険会社である。愛称は「かんぽ生命」(英通称はJP INSURANCE)。 ウィキペディア
時価総額
7,286 億円

業績