新着Pick
62Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ガソリンエンジンでターボが普及するに意味には同意するし、排気で回転して過給する機構上生じるタイムラグを少なくする為の軽量、低摩擦、高回転化の技術は、素晴らしいと思う。

その上で、数量ベースで一番多いのは欧州のディーゼルターボという点に注目。日本だとガソリンエンジンが主流だが、欧州はディーゼル主流。

記事にはパワーが出難いとあるが、低回転から高回転まで高トルクなのがディーゼルの特徴。発進停止を繰返す街乗りはトルクが重要。ただディーゼルはガソリンエンジンより排ガスにNOxやPMを多く含む。これは燃焼温度を下げると減らせるが、そうすると未燃焼分が増える。ターボで過給すると完全燃焼に近い状態を作り排ガスのNOxを下げる事が出来る。完全燃焼は燃費改善につながる。これらが欧州でターボ需要が拡大した背景にある。

記事でもディーゼルターボの効果にぜひ触れて欲しかった。
むしろ、二社で統合すれば、日系でシェア半分弱取れる。直近はIHIの方が勢いがある印象で、VWの米国用で受注取ったり、三菱自動車でも三菱重工に競り勝って取ったりしている(下記①記事に関連リンクなども多く貼っている)。あと、ターボチャージャの歴史などに関しては、②も参照。歴史的な背景から自動車部品メーカーではなく航空機部品系メーカーが強い、珍しい自動車部品。
https://newspicks.com/news/683111/
https://newspicks.com/news/840036/
大きなコングロマリットの中で埋もれてては意味がない。こういう事業こそスピンオフした方がいい。ちなみに韓国はターボの輸入額が半端ないのでなんとか国産化すると息巻いてたが、やっぱり短期的には無理みたいね
スーパーチャージャーはこれまでだと、走り屋のための機能だったのが欧州のディーゼル人気で一般的に。しかし、フランスパリでは将来的にディーゼルを規制する動きもおり、粉塵の問題等、ディーゼルはエコフレンドリーでは無いというのが、一般論に戻りつつある。

ちなみに、ホンダのF1復帰に湧いていますが、これもホンダの性能ターボエンジンを買っての動きです。
小型で、高出力で、燃費も良いなら流行るよね。航空機では普通なんだからできないはずはなさそう
三菱重工業株式会社(みつびしじゅうこうぎょう、英語: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.)は、三菱グループの三菱金曜会及び三菱広報委員会に属する日本の企業。川崎重工業(KHI)とIHIと共に三大重工業の一角を成している。 ウィキペディア
時価総額
8,414 億円

業績