新着Pick
1063Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この「逆面接」方法は効果があると思います。
昔の就活の時、Iさんというおとなしい面接官がいました。
思い切って「Iさんがこの銀行に就職を決めた理由は何だったのですか?」と尋ねたら、嬉々として喋りはじめました。
面接官も、たまには自分のことを喋りたい???
なぜ入ったか、なぜ続けているのかは自分のことだけに、(多少盛るとは思いますが)本音が聞ける可能性が高いのでよい質問ですね
転職経験のない自分ですが、以前検討した時はその会社の幹部に「なんで入ったんですか?」という質問をした時に「話を聞いたら居ても立ってもいられなくなって」「社長に会った瞬間びびっと来て」という人ばかりだったので、その時点でそう思っていない自分は違うんだな、と感じてやめたことはありました
前職の時の話。
社会人になって1年目で新卒採用の担当になって、毎日のように大勢の学生と会って、面接していた。

今でも覚えているが、とても挨拶やお辞儀が素敵で、笑顔がチャーミングで、相手の目を見ながらきちんとした会話ができる女子大生がいた。

優秀な人材は、出会ってすぐにわかる。この女性は内定だろうと思った。絶対に最終面接も通過する。
優秀な人材に出会った場合、その時点で選考ではなく、スカウトに変わる。ウチの会社がどれだけ良い会社か。成長できる環境か。たくさんの良い仲間に巡り会えるか。一生懸命口説いた。

俺はできる限りのことはやったな。
そう確信して面接を終了し、玄関まで見送った。

そしたら、その女子大生が、
「今日はとても勉強になりました。ありがとうございました」と丁寧にお辞儀をして、なんと自分自身の名刺を僕に渡したんです。
しかも、名刺の裏には
『福原様 今日は本当にありがとうございました。 ○○(女性の名前)』の綺麗な筆記メモが。

学生なのに自分の名刺、持ってるの!!すげえ!しかも、面接の短い時間の中で俺へのコメント付き!満点!絶対に内定!!

僕はそう確信して、次の選考の役職者の面接へ進めたんです。そしたら、その面接で落とされた。

僕は、「なんで落としたんですか!彼女は前の選考の時に…!」と食い下がると、その先輩は、ああ俺も名刺もらったよ。
と女子大生の名刺を見せて、“お前もまだケツの青いガキだなあ”と言うわけです。

しばらくは納得行かずにプンスカしていたのですが、僕も徐々に社会人として経験を積み、余裕が出てきて、ある時、キャバクラというところに行ったのです。

その時に、ようやくわかりましたね。
ああ俺はケツの青いガキだった、と。
質問大事。お互い人間ですから、その場でしか聞けないこと生の声引き出せる質問できたらよいですね。福利厚生なんて後からでも聞ける。内定取ってから確認すればよいこと。
いい質問だね
どんな質問であっても、何のためにそれを知りたいの?てのが明確であれば良いと思う。
採油担当として聞かれたら嬉しい質問だな。
なぜかといえば、自社のアピールをしてよい許可をもらえたことになるから。
「次に行くアテもないし、スキルもない、辞めるに辞められないんだよ…」
が本音だったりして。
確かにこれはいい質問だ。まぁ、やっぱり面接で一番最悪なのは質問なんでもどうぞと言っても、「特にありません」と返事してくる人。その時点でボツですね。
進化系ですが前職で受けたこの質問は会社と個人の関係をうまく掘り下げられていい質問だった→「(明日この会社が何かの理由でなくなったら)XXさんはどこで何をしていますか?」