新着Pick

日本郵政上場への課題

ユーザベース
272Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Weekly Briefingはビジネス・経済編が一番好き。
今回は郵政。民営化後、正直事業分担別にどのような構造になっており、事業がどういった売上になっているのか、詳しく知らなかったので勉強になりました。

郵便事業は厳しい戦いにさらされ、そしてその収益源としてトールの売却報道だったのですね。ゆうパックを使っていると、日本郵便が日本でも国内のサービス品質は悪いので、買収してもくろみ通りにいくか、要注目です。
「国際物流で世界5位以内を目指す」日本郵便の売上高は2兆7000億円。でも海外事業はほぼ無し。当たり前だけどメールの発達で郵便ビジネスは低迷している中、アジア諸国を中心に55ヵ国に1200以上の拠点を持つトールは相性良い。これで日本郵便とトールの合計売上高は3.5兆、DHLは7.4、UPSは6.9。人材の確保も難しい。三社同時上場でさらなる成長戦略を描いていってほしい。
日本郵便の利益分解が特に注目。事業会社3社の中で一番儲かってないが、日本郵便の保険窓販抜くともっと厳しい。一方、ヤマトHDの今季売上高予想は1.4兆円と、郵便事業より小さい。
郵便の公益性(ユニバーサルサービス)考えると金融で儲けるという形はしょうがない部分もある。もちろんもっと利益出さないといけないし、出せると思うが。そして、その収益構造が根本的には変えにくい中で、親子上場…
JTは本業特化、ロビー活動強化、MAで規制のゆるい後進国に攻めてく戦略。これだけの規模があればそれくらいのことはできる
ドイツポストDHLは、こんなに大きかったんですね。1995年の民営化後、2002年のDHLを筆頭に次々と買収。その戦略には、日本郵政にとってもヒントがありそう。
この事業内容でIPOするの?いくら何でも成長戦略なさすぎ。それにしても、郵貯の国債運用が多いのは有名だけど、まさか50%もあったとは。IPOしてこの額維持できるの??
国内でほぼ変わらないビジネスモデルでやってるまま海外に出てもなぁとも思うが、それでも規模としては世界最大規模であり、安易ではあるがうまいこと軌道に乗れれば。
金融の構成比がこんなにもたかいとは始めて知った。
物流という視点から見ると、宅配においてはかなり大きなネットワークを有してるので、今後どのような進め方をするのかは気になるところ。
日本郵政に関してうまくまとめられてわかりやすい。ゆうちょの資産運用の変更が日経で取り上げられ、官製相場として株価も上昇傾向。今年は郵政の動きから目が離せない。
日本郵政に関するわかりやすいまとめ記事。ゆうちょ銀行、かんぽ生命の代理業務手数料が、日本郵便の利益を稼ぎ出す源泉なら、ゆうちょ銀行やかんぽ生命の上場と株式売却後の各社の販売方針がどうなるか、がかなり重要なポイントになりそうだ、と感じます…。やはり、他社買収する前にやることがまだありそうな気がしてきます…。
日本郵政株式会社(にっぽんゆうせい、英語: Japan Post Holdings Co.,Ltd.)は、日本郵政株式会社法に基づき、日本郵政グループの持株会社として設立された特殊会社。 ウィキペディア
時価総額
4.62 兆円

業績

株式会社ゆうちょ銀行(ゆうちょぎんこう、英称:Japan Post Bank Co., Ltd.)は、東京都千代田区霞が関に本社を、同区丸の内に本店窓口をそれぞれ置く、日本の銀行である。 ウィキペディア
時価総額
4.65 兆円

業績

日本郵便株式会社(にっぽんゆうびん、Japan Post Co., Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く、郵便事業の運営と郵便局の運営を行う日本の会社である。総務省所管の特殊会社で、日本郵政株式会社の100%子会社。愛称は「日本郵便」(英語表記の愛称は、旧郵便事業と同一のJP POST)を使用する。 ウィキペディア