新着Pick
35Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
工事費も足元高いので、今作っているのを多く仕入れているREITは、高水準で買った物件の後への影響が気になるところ。国債利回りと比較したスプレッドはあくまで相対論。常に投資しなくちゃいけないわけではない個人投資家は、絶対の利回りが高いときに仕込めばいいと思っている。
2009年は利回りが8%あっても見向きもされなかったのに比べると格段の違いだな。あの時はファンドの10%ぐらいをREITにぶっこんだ。今の水準では個人的には買いたくないが、10年国債の利回り水準を考えると魅力的と見る人がいても不思議じゃないね。

ちなみにREITは借り換えのタイミング一番のリスクだが、2008年に破綻があってから借り換えのタイミングを分散させるなど、デュレーションミスマッチが大幅に改善された。また貸し手である銀行の理解も進み、REITが破綻する危険性はほぼ皆無に近い。