新着Pick
94Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
縦型組織に比べて、決定が早く仕事のスピードが増すのが最大のメリットに。圧倒的な企業哲学が必要になると思いますが理想的ですね。
「いまではグーグルやマイクロソフトのような巨大企業で働く従業員も、企業が益々組織的になっていくことに嫌気が差し、スタートアップに転職するケースが増えていると聞きます」
力を増やすための組織なのに、モチベーションを下げる勿体無さ。そんな組織は社会に不要なはずなのですが難しいですね。
ホラクラシーはリディラバで目指している組織形態に近いっちゃ近いんだけど、やはり難しさはある。

まず前提としては強い組織文化が必要になること。これは常に意識させないとすぐに崩壊していく。

次に新しい事業やリスクをとる意志決定はやはり強権的に発動できる環境を作っておくこと。そしてその必要性もしっかりと理解させておくのが大事。

そしてホラクラシーの状態に加入させる前にちゃんとプロ意識を芽生えること。そうでないと承認欲求と仕事に成果を一緒にしてしまったり、組織内での政治みたいなのが起きてしまったりする。

ただ組織の速度を速める意味でも、そして(裁量を持って仕事をするのが好きな)優秀なメンバーを集めていく為にも早い時期からこの組織のあり方を大事にしたいと思ってここまできている。ヒエラルキーが浸透するとなかなかもって変えていくのは難しい。
我が社の実態に近いかも。掘ってみます。
今後2-3年で間違いなくバズワードになるだろうと思う「Hierarchy(ホラクラシー)」。随分前にpickしたらやっぱり話題になってた。
Hierarchyの方がガバナンス効きそうに見えるけど、透明性の観点でHierarchyの方が効きやすい。つまり健全。
サービスデザインを実践するにはコネクト型の組織デザインが必要になると解釈。