新着Pick
310Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今まで広告モデルで、登録制の有料モデルは試験運用だった。この記事から考えるに、試験運用から実運用に行くということだろう。確か現在試験運用のモノは、都度課金で、定額無制限ではなかった。そこはどうなるだろうか?
ついに。ここまでの巨大プラットフォームだとコンテンツも続々と参入しそう。海外ドラマと日本のアニメがYoutubeに入って統合されたら便利だな~。
音楽でも”YouTube Music Key”という$9.99 /月の月額課金を備えたストリーミングサービスを昨年11月より試験運用している。また映画でもサブスクリプションモデルを採用してきたが、ついに個人クリエイター向けにも有料モデルを作ろうということか。どこまでうまくいくだろ?広告が消えるだけなら誰も課金しない気が。。。
月額課金やってほしい
YouTubeにも有料モデル導入ですか、確かに動画をすぐに見たいときに広告が表示されてイラッとする人は多そうだけど、広告表示外すためにお金払う人ってどれぐらいいるんだろう。
他にも何か目玉有料機能とかあるのかな。
プラットフォームを持っていると何でもできるね。
有料モデルで閲覧者を制限できたりすれば新たなビジネスチャンスも生まれてくると思う。
ちなみに過去10年間で最も視聴されたビデオはPSYの江南スタイルで22億回らしい。特別なチャンネル、がどんななのか気になる。
チャンネルへのアクセス料をとるモデル。チャンネルが提供するコンテンツ次第でしょうが、試験運用が成功している、のだと推察します。
普通に考えれば優良コンテンツの原資。広告消すためだとすると、今のユーザーからの魅力ないかなあ
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア