新着Pick
625Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リンクトインが、コンテンツを自ら創ることはないでしょうが、プラットフォーム、CGMとしてはすごい潜在力があります。膨大なビッグデータを活かせば、広告媒体としても強力。
日本における中途採用で転職してみた実状。
リクルートというオープンな会社ですら、幹部はプロパー主義。やはりステップアップの概念はなかなか難しい。

転職=起業へのスキルアップと思わないと、なかなか踏み切れない。

これが現実です。
プレミアムサブスクリプションズも多く依頼はいただきますが、体のいい安価コンサルになっているのも実状。
たまには気持ちよい話しでなく、現実の日本企業について言及してみました。
シリコンバレーの人材流動をみるのにLinkedinはすごく便利。ただ、日本ではそれくらいしか用途が無いのが現状。逆に日本で、Linkedin丸パクリで、独自アレンジしたSNSを作れればかなり広まるかも。
ビジネスとして秀逸なのは、お金は企業から取り、抵抗感をなくしたうえでユーザーから情報を取る。より多くのユーザーが重要で、ビジネスとして成立しているから、接触頻度を増やすメディア的なこと(Pulseとか)に「投資」ができる。そしてユーザー的にはメディア・SNSと見えるが、ビジネスとしては違うという現状になる。
情報をマネタイズするループとして、カカクコムとかと並んで相当秀逸なケース。
あゝ、日本のリードホフマンになりたい。これだよ、これ。こういうことがやりたいんだよおれは。本気で悔しい。胡座かいてらんないよ本当に。
"なぜリンクトインはメディア化を進めるのか。
その理由は単純明快。ユーザーの訪問頻度を上げるためだ。採用プラットフォームという役割だけでは、「仕事を探すとき」にしかサイトを訪れてもらえない。毎日サイトを訪れてもらうためには、転職以外の“客寄せ”が欠かせないのだ。"
"リンクトインのデータを使えば、雇用市場における人の動きが一目瞭然。今後は、アカデミズムの世界でも、リンクトインとコラボした研究が増えてくるのではないだろうか。"
"もう一つ、リンクトインは、マーケティングツールとしても大化けしつつある。
その魅力は、プロフェッショナル層を中心とした顧客層の良さと、そうした人々の膨大なビッグデータだ。これまでのリンクトインの用途は、あくまでBtoBのマーケティングが主流だったが、近年は、BtoCでも存在感を拡大。所得と影響力の高い消費者にリーチする場として、P&G、メルセデスベンツといった企業も熱視線を送り始めている。"
リンクトインの創業って2003年なんですね。もっと最近かと思ってました。ちなみに、2004年Facebook、2005年YouTube、2006年Twitterが創業。
単価の高い膨大なビジネスマンの情報はまだまだ今後マネタイズの余地がある。専門家や著名人による投稿も毎回深くて面白い。リードホフマンなんかここでピーターティールの考えに対する反論もしてたり。メディアPulseは日々愛用してます。NewsPicksの海外版とも言えるかも。
名刺交換がなくなればいいよね〜っと思った時代もあったのだけど、紙による情報交換を上回るITソリューションが存在しない以上、Linkedin が日本のビジネスシーンにおける地位を、今以上に高めることは無いように感じるのですよね。必要性が感じられない。広告枠に転職云々が入ってくると、社員にもLinkedinの利用を推奨するというわけにも行かなくなるわけで。。。ねぇ。

また、自分の情報を逐次更新するというのは意外に面倒なもんだし、お互いがLinbkedin を重要な連絡方法と捉えてない限り、いつまでたっても送信したメッセージは帰ってこない訳だし、やっぱり名刺に書いてあるメールや、いっそFacebookで繋がってしまったほうがマダ使えるって感じるわけです。

更に名刺情報を管理するeightなるツールも登場してきて、過去名刺を交換した皆さんの最近の情報は、こっち経由で変更されるシチュエーションが増えて来たって事も追い打ちかも。益々Linkedinの必要性を感じないのですよね〜・・・

最近ではeightプレミアムサービスも登録して、登録した名刺情報がダウンロー出来るようになったという事もあるし、突然サービスがぷっつり消えない限り交換した情報はバックアップ取れるようにもなったんで、躊躇も無くなったし。
日本で流行らないのは
そもそも終身雇用から完全に抜け切れずアメリカより人材の流動性が低いからではないのか?
Linkedinは今は加入数を増やすために大学生にも開放。そこからどういう経歴を辿って行ったのか追えるデータを分析できるとなればこれまた面白い。それに近しいことはいまたくさんやっていて、これからまた一味違った会社の見え方になってきそうだな。
LinkedIn(リンクトイン)は、2003年5月にサービスを開始した、世界最大級のビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービス、及び、同サービスを提供するアメリカ合衆国カリフォルニア州シリコンバレーの企業。2014年8月現在の登録ユーザーは全世界で3億1300万人を超え、日本では、現在100万人以上が会員登録をしている。 ウィキペディア

業績