新着Pick
561Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
相対的な自分の弱みをしっかり把握し、そこじゃない、自分が活躍できるポイントでがんばるというのは、当たり前なんだけどすごく大事なことだと思う。
皆んなと同じ道を歩まないことが、エキサイティングな人生の基本。
この本は売れそう。「マリッサ・メイヤーがどのようにしてこれほどの若さでこれほどのカネと権力を手に入れたのか、詳しい話は“Marissa Mayer and the Fight to Save Yahoo!”で。」
彼女の稼ぎは、ピケティも問題視しないのではないか。彼女は資本を相続して儲けたのではなく、資本家をカモにして稼いでいるのだから。
自分の強みが発揮できるのは何か、どこか。それを理解した上でやりたい事業をやる。
マリッサさんは子供の名前をクラウドソーシングで集めたという逸話あり。そして、報酬が桁違い!→富という観点からすると、グーグルで3億ドル、米ヤフーで2億ドルと、これまでに少なくとも5億ドルの報酬
同時に血反吐吐くほど働いてる。夜通し働いて、会社でシャワー浴びて、着替えてまた働く生活だったらしい。
日本人はダン・ローブの実行力をもう少し、見直したほうがよいという意味でもこの記事は目を通しておく方がいい。
全ては会社に貢献することが大前提になっていると思う。自分の出世は二の次。
その時々に身の丈に合った学習をすることじゃないだろうか?メリッサマイヤーが30歳手前くらいの時にスローンとかの生き様を学んでたか?