新着Pick
186Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メタップスに続き、ラクスルも40億円越えの資金調達。無理に上場するより、未上場でいる方が今は思い切った勝負をするのには確実に適している。
成長過程で期待値の高い会社が、大型調達を未上場時にするのは、あり得る選択肢。本来増資した資金は、先行投資で使うので、目先の利益は小さくなる。上場したてで、利益が伸びないのはなかなか厳しいので。

それに加えて、上場するとしてもここから一年とか必要な場合に、一年後の証券市場が見えにくく、その際にIPOで調達出来る金額よりも、過熱感もある現在の未上場の方が、資金調達しやすいと考える経営者もいるでしょうね。
スタートアップの中で有力なところが小さなIPOより未上場での大型調達をする傾向が顕著になってきた。
投資サイドの金余り状態と、IPOマーケットがそんなに調子良くない現状を鑑みると、無理に投資抑えてIPOする意味もないもんね。
最近の未上場の資金調達はすごいスケール
今回新たに加わった Global Catalyst PartnersをCrunchBaseで調べてみたけどあんまり情報ない。。マネジメントに大澤さんという三菱商事出身の方がいるので、この人が担当かな。
たしかに集客施策あたりから実は在庫管理まで抑えられれば競争性になりますもんね。リンクアンドモチベーションからの調達も注目。投資する側も付加価値が求められる時代だと感じます。ただソーシングうまいだけだと生き残らない
広告との事業シナジーは?とよく聞かれるのですが、オプト=ネット広告会社というのはもう古くなりそうです。今回の出資もそうですが、事業ポートフォリオを急速に変えていきます。
「印刷所の非稼働時間とのマッチング」というアイディアを初めて聞いたときは「なるほど」と思ったものの、当たり前になれば参入障壁も低いし、叩き合いが進行していきそう。それを見越したうえで「集客支援」への脱皮を目指しているとのことだが、一つ一つは細々しておりどのようなサービスができるのかは外から見ると不透明なんだけど、これだけ資金が集まってるということは、当面はマッチングのアービトラージで伸びられるということなのか(その場合、先行者優位で突っ走るだけなのか、ネットワークの外部性/CM実施などで規模効果が働くのか)、周辺領域で何か勝算があるのか、一つのケーススタディとして注目です。
応援(投資)したいスタートアップは沢山あるけど、今は上場しなくても資金を集めることもできるし良いのかもしれない。いろんな企業が将来的には上場して欲しい。そうすれば直接応援することができる。
最近の当社投資先に顕著な傾向。どんどんアメリカ型になってきた。
株式会社リンクアンドモチベーション(Link and Motivation Inc.)は、東京都中央区に本社を置く、経営コンサルティング会社。 ウィキペディア
時価総額
331 億円

業績

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(いとうちゅうテクノソリューションズ 、英文名称:ITOCHU Techno-Solutions Corporation)は、コンピュータ、ネットワーク、アプリケーションによるコンサルティングからシステムの開発、運用・保守、管理、アウトソーシングなどのトータル・ソリューションの提供をおこなうシステムインテグレーター(ユーザー系)。通称CTC。 ウィキペディア
時価総額
7,560 億円

業績

株式会社オプトホールディング(おぷと、Opt, Inc.)は、東京都千代田区に本社を置く持株会社である。株式会社オプトをはじめとしたインターネット広告事業を行う企業を傘下に置いている。 ウィキペディア
時価総額
369 億円

業績

株式会社電通(でんつう、英語: DENTSU INC.)は、日本最大手、世界規模では5位の広告代理店である。2020年1月1日に純粋持株会社体制へ移行。また本稿では、持株会社である株式会社電通グループについても記述する。 ウィキペディア
時価総額
5,584 億円

業績