新着Pick

スカイマーク、100%減資へ

日経ビジネスオンライン
経営・経済にかかわるニュースや解説記事を提供する日経BP社のビジネス情報サイト。企業のトップやリーダーに向け、各分野の専門記者・執筆者による記事を毎日提供します
137Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
西久保さん売り抜けたなあ。クズ株投資家涙目笑
投資として紙くずになってしまうのは、一番大きなリスクとはいえ仕方ない。
手持ち資金でコツコツと真面目に投資していれば、最悪ゼロになるだけだし、そういった真面目な投資家はもう少しちゃんと分散をしている(と思います)。

個人的にショックだったのは堀江さんのコメント。本人も気の毒でしたが、ライブドアショックでかなりの痛手を負った人も多いので、「クズ投資家笑」は個人投資家として少しショックなコメントです。

Gamiさん>
私の間違い指摘ありがとうございます!なるほど、投資家ではなく、クズ株っだったのですね。勇み足です。一応、勇み足の足跡は残しておきます。。。恥ずかしい(汗)
堀江さんにも間違いで反論してしまったこと、謝罪です。すみません!!
西久保前社長が即株売って助かったことはわかった
当然の措置。恥知らずな前CEOは、素知らぬ顔して売り抜けた。株主は自己責任としても、従業員が気の毒でなりません。
新たな経営者の元で、企業再生されますよう応援します。
100%減資ということは、安くても売ってしまった人が得したということ。
前社長が売り抜けたって言うけど、買う人いるんだからいいじゃない。
債務超過で破綻してるんだから当然でしょう。むしろこういうケースで100%減資しないのはモラルハザードの原因になる。バランスシートの右側は下からリスクを負ってる。ステークホルダーはリスクにおいても、リターンにおいても平等ではない。
もし100%減資を知っていたなら、インサイダー取引だ。
仕方のないことだと思います。
これからは心機一転、再出発!新生スカイマーク期待しています!
再生計画の内容や実行力も重要ですが、ここで既存債権者と既存株主にどれだけ損を負担させられるかによって、再生の成否が分かれる。
とにかく既存株の減資して、別除権対象の担保評価も大きく下げられないとはじまらない。それに伴う固定資産の減損、繰越欠損金により、今後の減価償却費や法人税額が大きく変わるので、見かけ上のPLもかなり良くなる。
スカイマーク株式会社(Skymark Airlines Inc.)は、日本の航空会社。 ウィキペディア

業績

株式会社日経BP(にっけいビーピー)は、株式会社日本経済新聞社(日経)の子会社で、出版社である。日経BP社などと表記される。 ウィキペディア