新着Pick
65Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【追記】
Skype面接については、Web/IT業界を中心に既に当たり前のように行われてます。地方や海外にお住まいの場合は、内定までSkype面接で終えられるケースも。こうしたSkype面接とレクミーなど動画面接の違いは「録画」かどうか。面接の日程調整は不要ですし、一度撮影してしまえば他の企業でも使えるのが利点です。
※もちろん、録画面接だけで最後まで行くケースはありません。
---

「レクミー」運営のリーディングマーク社が資金調達。完全にたまたまですが、昨晩タイムリーに動画リクルーティング市場についてまとめています。
"その採用に未来はあるか?これからの動画リクルーティング市場の話をしよう。 "
http://now-or-never.jp/?p=1814
採用人数と採用背景の掛け合わせが、現在の企業の置かれてる状況を如実に表すので、新卒採用は、企業の人気✖️何人採用したいか?で、入り口が別れると面白いと思う。

適当な思い付き分類だがこんな風に分けたら、それぞれのセグメント別に学生も対策できるのでは?
(1)超人気につき極小の通過者にしかお返事しません(企業も工数軽減するし、学生もダメモト感覚でショック軽減)
(2)大量に人が欲しいです。基本的にできるだけ多くの方に会いたいです。人が必要なのはすごく成長してるか、すごく離職が多いかのどちらかなのでご自身の目でお確かめください。(人気はないが、成長企業、自力の強い環境へ目を向けさせる。現実的に就職確率の高い企業を学生にも認識させる)
(3)数少ない新人を大事に育てます。ご応募お待ちしてます。(人気はないけど育成環境でアピール。学生にも、手厚い育成環境に目を向けさせる。)
(4)限定採用で採用工数ないので、こちらから興味がある人だけ声かけます。(企業は工数かけずに厳選採用できる。学生は、自分に声かける企業がいるか?力試しができる)
へー、こういうニーズもあるのか