新着Pick
372Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
色々な見方があって面白いし、率直な意見と思う。ただ、国の中にもいろいろな意見があるだろうなかで「フランスは」とか国単位で言ってしまっているが本当にマジョリティな意見なのかは気になります。報道ステーションを採りあげて「日本は」というように報道されてたりしたらゾッとしますので。
2月よりNewsPicks編集部に参画した、ジョーダン・エディター(5ヶ国語に堪能)によるコラム。NewsPicksは、アメリカの視点に偏りがちなところがありますので、欧州の視点も定期的に紹介していきます。
今回のISISによる日本人人質事件について、外国の報道を端的にまとめています。政府は2年前のアルジェリア人質事件と同じく、今回も成果を挙げることできませんでした。なぜ、対応が後手に回ったのか、それはしっかり検証し、のちの教訓として活かすべきことでもあります。

記事で指摘されている項目の中から小生もひっかかっている疑問点を挙げると
・なぜ人質解放の仲介役がトルコではなかったか?
・今回の中東歴訪で人質の保護に気を配ったのか?
という2点です。この点に関しては、経緯を含め検証する必要があるのですが、こうした声を上げる者を非難する輩が出るなど、日本国内の動きは健全性を失ってます。

あと、安倍首相と外務省は今後、スピーチの言葉遣いにはより慎重を期さないといけないでしょうね。記事中のイタリアの新聞が報じた「カイロでの演説において、中東地域に対し2億ドル支援すると表明したが、その目的を明確にしなかった」というのは、他でも同様の受け止め方がなされた報道が見られます。それは報道が悪いのではなく、そう解釈される発言をする方が悪いのです。
批判があって当然。 日本のメディアは無難に走りすぎだ。 本件は、安倍首相よりも、官僚のサポートが気になる。 安倍首相の言動のチェックなどの手を抜いているのではないか。 或いは、正しい情報を上げていなかったのかも知れない。 普天間問題の鳩山さんの頃ほどひどくないとしても、「安倍首相が失敗してもいい」と思っている可能性を感じる。
2月より編集部に仲間入りしたジョーダン記者がメタナショナルな視点を提示していきます。ご期待下さい
今回の事件を通して、安倍首相への各国の反応がまとまっている。結果論ではあるが、安倍首相の外交手法や能力に好意的ではないものが多い。この点をしっかり把握して今後の外交を見ていきたい。
日本の右翼的な言論人の「提灯記事」発言も鼻につきますが、海外報道に見る悪評価もまだ早すぎるのではないでしょうか。

松岡洋右が国際連盟脱退後、国内での評価は最悪だろうと意気消沈して帰途に着いたのですが、国内の評判が極めて良かったことに気を良くしたという逸話があります。でも結局歴史の評価は得られませんでした。まだまだわからないものでしょう。
今回の政府の対応は、全て極秘裏に行われていたための手続きについては何も言えないのが現状。
しかし、そのなかでも、なぜ「ISILとの交渉に長けたトルコに人質解放の仲介を願い出なかったのか」等、まだ見えてなかったことはありますね。
この記事面白いな。海外でテレビ見ると日本と違う視点作られてるのが面白いと感じるけど、これは比較出来るのでさらに面白い。もっとやって下さい。
外からの味方は気にしなければならないが、それで物事を決めて貰っても困る。
ただ、中東地域の歴史には日本は責任を負っていないのであるから、その機微に触れるような余計なことを言わない方がよろしい。訪問国の選択を含め、若干軽率だったことは残念ながら事実だろう。